ファッション

熱狂的なファンを持つナイキ ダンクシリーズ! sbとの違いも徹底解説

Aventure編集部

アメリカのカレッジリーグのバスケットボールシューズとして発売され、ストリートでも圧倒的な人気を誇るナイキ ダンクシリーズ。1985年以降、多くのファンに愛され復刻版やコラボ作など数々の名作を生み出しています。ここでは、そんなダンクシリーズの歴史、特徴、sbシリーズとの違いや名作について解説していきます。


ナイキ ダンクシリーズの歴史

ナイキ ダンクシリーズは1985年に、プロモーションの一環としてナイキが行ったカレッジカラープログラムによって誕生しました。その後、バスケットコートからスケート、ストリートへとさまざまなシーンで熱狂的な人気を誇り、多くのファンの心を掴んでいます。ここではそんなダンクシリーズの歴史について解説していきます。

1985年、バスケットボールのカレッジリーグに合わせて発売された

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Justin Ronné(@jamixx08)がシェアした投稿


アメリカでは、NBAだけでなく大学のバスケットボールリーグ・NCAAも人気があります。NCAAはNBA以上に人気がある地域もあり、熱狂的なファンを抱えるバスケットボールリーグです。

そこで1983-1984年シーズンのNCAAトーナメントに出場した名門校を対象に、各大学のチームカラーをデザインに落とし込んだバスケットボールシューズをナイキが販売しました。ブラックやホワイトが主流だった当時、カレッジプログラムでリリースされたダンクシリーズをキッカケに豊富なカラーバリエーションが展開されるようになります。

豊富なカラーリングでバスケットボールシューズを展開する際に、マーケティングとしてNCAAのリーグに焦点を合わせていたそうです。

デビュー当時は7足、12校のカラーリングが登場

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

dunklife(@rvosnkr)がシェアした投稿


当時は7種類のカラーリングでリリースされました。それぞれ各大学を表現したカラーウェイとなっています。

白 × 赤:セント・ジョーンズ大学、ノースカロライナ州立大学カレッジパーク校、メリーランド大学、ジョージア大学
白 × 青:ケンタッキー大学
白 × 橙:シラキュース大学
白 × 紺:アリゾナ大学、ビラノバ大学
灰 × 赤:ネバダ大学ラスベガス校、オハイオ大学
紺 × 黄:ミシガン大学
黒 × 黄:アイオワ大学、バーデュー大学

バスケットコートを離れ、スケートボード界隈でも人気が高まる

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

rinosman。(@rinosman)がシェアした投稿


バスケットボールシューズとしてリリースされたダンク シリーズですが、スケートボード界で好んで着用されることになります。ナイキも販売当時は予想をしておらず、驚いたそうです。

スケーターの間ではナイキブレーザーが愛用されていました。ですが、グリップ力の高いアウトソールや、横方向の動きをしっかりとサポートする構造がスケーターたちの心をとらえたのです。本革製シューズの耐久性の高さ、足の裏でボードを捉える接地感などがスケーター用のスニーカーとして適していたのでしょう。

利き足の違う相手と片足を交換し、左右色違いのダンクを履く奇抜なスタイルが流行するなど、スケーター界隈で独自の文化を生んだそうです。

1990年代後半に復刻版をリリース、日本でダンクの人気が絶頂に

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

sic(@my_plague_666)がシェアした投稿


1990年代後半、日本ではヴィンテージスニーカーへの人気が高まっていました。そのタイミングでナイキ ダンクシリーズの復刻が実現。裏ダンクと言われるスウッシュとボディーカラーを反転させたカラーウェイや、アッパーの配色を反転したものなど、合計18種類がリリースされ、日本でダンク旋風が巻き起こりました。

実は、1995年にエアマックス95が起こした社会現象からハイテクスニーカーブームが終焉を迎え、スニーカーブームが落ち着いたかと考えられていました。そんな中、裏ダンクは原宿と上野という限られた場所で販売され、この販売戦略がさらなる希少価値を高めたのです。

その結果、ハイテクスニーカーブームに変わるトレンドをダンクシリーズが生み出しました。今では、海外のスニーカーヘッズたちからも「UENO」「SHIBUYA」はスニーカーの聖地として認知されているそうです。

2000年にDUNK SBがリリース

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Shoe Collector Andre(@dadeasskickz)がシェアした投稿


ダンク シリーズの復刻後、2000年にDUNK SBがリリースされます。シュータンが厚くなり、ガムソールをあしらわれたDUNK SBは、ダンクシリーズの人気をさらに加熱させました。

さまざまなブランド、アーティストとコラボ

2020年にはダンクシリーズ生誕35年として、ナイキがプロモーションを実施。復刻版のリリースやOff-white(オフホワイト)、AMBUSH(アムブッシュ)、Travis Scott(トラビス スコット)などさまざまなアーティストやブランドとのコラボが実現しました。


DUNKとDUNK SBの違い

DUNKとDUNK SBには細かい違いが多く存在します。バスケットシューズ、スケートボードシューズという立ち位置以外の細かなディティールの差について細かく解説していきます。

ソールの違い

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

SOLE LEGACY(@solelegacyinc)がシェアした投稿


DUNK SBにはZoom Airがインソールの踵部分に搭載。高反発なクッション性が地面からの衝撃を和らげ、スケーターを支えています。一方、DUNKにはZoom Airは搭載されていません。側面のピラー状の構造が足への衝撃や横への動作をサポートする設計になっています。

靴箱の大きさ・デザインの違い

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

katsuhiko(@katsuhiko631)がシェアした投稿


DUNK SBはDUNKと比較して靴箱が小さいです。また、カラフルな装いとなっており、デザイン性が高くなっています。

靴紐の違い

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

斉藤 俊明(@todo_kicks)がシェアした投稿

シュータンの厚さの違い

DUNK SBはシュータンが厚めに作られており、足へのフィット感が高くなっています。SBの文字が印字されており、デザイン面でも違いがあります。


DUNKシリーズの名作

日本のスニーカーブームを牽引したDUNKシリーズ。定番からコラボ作まで多くの名作たちがありますが、いくつかピックアップして紹介していきます。

Nike Dunk High MICHIGAN

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Bruno Renaudin(@renaudinbruno)がシェアした投稿


日本にDUNKブームが到来した1990年代当時は、Levi’s 501にオールドスクール系バッシュを合わせるアメカジファッションが流行となっていました。DUNKシリーズはその中で主役の一つであり、中でもネイビーとイエローで構成されたミシガンの人気は圧倒的だったのです。

古着屋では高額プライスタグがぶら下げられ、古着屋の看板として飾られていたシーンを思い出すファンもいるでしょう。

Travis Scottコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Identity Music(@identitymusic)がシェアした投稿


Travis Scott(トラヴィス・スコット)は、2012年にデビューしたヒューストン出身のヒップホップアーティストです。ジャズ作曲家の祖父とソウルミュージシャンの父という音楽一家のもとで育ちました。多くのヒット作を生み出し、音楽界のみならずファッション界でも高い影響力を持つアーティストです。NIKEとのコラボスニーカーは全足即完売、二次流通市場で高値で取引されています。

特に、2019年のエアジョーダン1とのコラボではスウッシュを反転させたデザインをリリース。10万円以上で取引されるプラチナスニーカーとなり、スニーカーヘッズたちの間でも伝説的な一足となっています。

Nike Dunk Low Travis Scott x Playstation

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

sneakerhead(@sneakerhead_jonny)がシェアした投稿


2019年にリリースされたエアジョーダン1コラボと同じく逆スウッシュを搭載し、ヒールサイドにはプレーステーションロゴ、フォントをカタカナで記載しています。

プレイステーション、ナイキ、トラヴィス・スコットというトリプルコラボのスニーカーは、一般販売なしの完全抽選。18歳以上のアメリカ在住者のみに購入権が与えられていたため、日本在住者は購入できませんでした。2020年11月の抽選から半年以上が経過して当選者のもとに届いたそうです。24足限定で生産された超希少モデルであり、現在Stock Xで500万円以上で販売されています。

Nike SB Dunk Low Travis Scott

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Re-engraved high-end sneakers(@natsukoikeshia)がシェアした投稿


Travis Scott(トラヴィス・スコット)のミュージックビデオ、「JACKBOYS」の中で着用が確認され、2020年2月9日にリリースされました。アッパーにはペイズリーとチェック柄が落とし込まれています。このアッパーはダメージを受けると下地が現れるギミックが採用されており、経年変化も楽しめるのが特徴的です。

シュータンとインソールには「CACTUS JACK」のロゴが入っています。トラヴィス・スコット自身がDUNK SBシリーズを着用したこと同シリーズの人気が高まるきっかけにもなりました。

Nike Dunk SB What the Dunkシリーズ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Bellcai(@bell.cai.sneaker)がシェアした投稿


What theシリーズは、Nikeの各シリーズにおいてそれぞれのパーツを組み合わせたモデルです。特徴的な柄やギミックが多く搭載され、プレミアム化しやすいシリーズとなっています。DUNKシリーズはスニーカーヘッズたちの間でも特に人気が高いです。

Nike SB Dunk Low What the Dunk

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

齿轮长期回收球鞋 欢迎微信我是中国人嗷(@clpro77)がシェアした投稿


これまでに発売されてきたDUNK DBの名作がまとめられた一足です。NIKE SBチームが作り出すスケートDVD「Nothing but the truth」のプロモーションも兼ねて制作され、話題を呼びました。シュプリームやメディコム・トイ、ハイネケン、ティファニーなどさまざまな名作DUNKのギミックが落とし込まれており、2007年発売当時から今に至るまでスニーカーヘッズを虜にしています。

Nike Dunk Low CO.JP “What The”

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

HICOLLECT 川越店(@hicollect_kawagoe)がシェアした投稿


2007年に発売され、多くのヒット作を世界に発信したCO.JP(コンセプト オブ ジャパン)への敬意を込めて作られたモデルです。レッド、オレンジ、イエロー、ネイビーといった異なるカラーウェイを落とし込み、左右非対称のクレイジーパターンにしています。使用されたカラーは、NCAAトーナメントに出場していた名門7校のスクールカラーがモチーフとなっているそうです。

Nike SB Dunk Low What The P-Rod

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

よしむら ゆーだい(@yuder_eats)がシェアした投稿


アメリカのプロスケーター「ポール・ロドリゲス」に敬意を表して作られた一足です。カラーリングに加えて素材も各パーツごとに使い分けています。チャンピオンベルトを表現したシューデュプレも特徴的です。手の込んだデザインや、ポール・ロドリゲスの名前が施されたシュータンラベルから、ナイキと同氏の強い関係性が伺えます。2021年に発売され、即完売・プレ値化しました。

Nike SB Dunk High Thomas Campbell What the Dunk

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@h.solezzがシェアした投稿


カリフォルニア生まれの映像作家・アーティストであるトーマス・キャンベルとのコラボモデルです。このスニーカーには、NIKE SBに所属するスケーターの映像をまとめたビジュアルポスター「NIKE SB CHRONICLES vol.3」のデザインを左右非対称に落とし込んでいます。ジグザグに刻んだステッチや「Nike SB」の文字が書かれたサイドなどポップな印象を醸し出すデザインが特徴的です。

Nike SB Dunk Low 7 Eleven

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Katarína Porubčanská(@stevenborchik)がシェアした投稿


2020年下期に発売予定だったものが、販売キャンセルになった幻のモデルです。1927年にアメリカのテキサス州オーククリフで創業されたコンビニエンスストア「7-ELEVEN」とコラボしています。セブンイレブンのコーポレートカラーを落とし込み、ヒールサイドにはセブンイレブンのロゴを配置。

コーポレートカラーの三色は、朝焼けのオレンジ、夕焼けのレッド、オアシスのグリーンを表現しており、朝から夜までの間、お客様にとってのオアシスでありたいという思いが込められているそうです。7-ELEVENの店舗のロゴは朝が夜明けの空・開店時間の午前7時、オレンジが夕方の空・閉店時間の11時を表しています。

Nike Dunk Low Off-White

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Cultura Sneakers(@culturasnkrs)がシェアした投稿


Off-White(オフホワイト)はKanye West(カニエ・ウェスト)のスタイル・アドバイザーを務め、人気ブランドを手がけた故ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)氏が2014年に立ち上げたストリートファッションブランドです。2017年にNIKEとコラボした「THE TEN」コレクションはスニーカーヘッズの間で伝説と語られており、以降数々の名作を生み出してきました。エアジョーダンシリーズやエアフォースワンなどNIKEのさまざまなモデルとコラボしており、毎年注目の的となっています。

DUNKシリーズともコラボレーションし、即完売・プレ値化しました。サイドにOff-White(オフホワイト)独自の印字を施し、アッパーにはセカンドシューレースを搭載。通常のDUNKシリーズとは異なる雰囲気を醸し出す一足に世界が魅了されました。

Pine Green

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@h12sneaker.hkがシェアした投稿

University Gold Midnight Navy

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Sherry(@nice_snkr)がシェアした投稿

University Red

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@h12sneaker.hkがシェアした投稿

Lot1~Lot50

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

DISTRICT ONE NY(@districtoneny)がシェアした投稿

Nike SB Dunk Low Ben & Jerry’s Chunky Dunky

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Onnightstand2001(@ejthomassj)がシェアした投稿


2002年に表参道に日本で路面店を出したアメリカを代表するアイスクリームショップ「BEN&JERRY’S(ベン・ジェリーズ)」とのコラボ作です。アイスカップのパッケージデザインを落とし込み、鮮やかな水色や牛柄のデザイン、毛並みが感のある素材やアイスクリームが溶けたような様子を表現したスウッシュなど、カラフルで遊び心満載のデザインとなっています。

Nike SB Dunk Low Grateful Dead Bears

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Sneakers From France(@sneakersfromfrance)がシェアした投稿


アメリカを代表するバンド「Grateful Dead(グレイトフル・デッド)」はサイケデリックな音楽だけでなく、印象的なアートワークでも有名です。「Steal Your Face(スティール ユア フェイス)」の刺激的なスカルのグラフィックや、カラフルな踊るクマ「マーチングベア」がファンの記憶に刻まれています。

NIKE DUNK SBとのコラボでは、マーチングベアのデザインをスニーカーに落とし込みました。スウッシュはマーチングベアが着用する襟巻きをイメージしてデザイン。稲妻で飾れたアグレット、ヒールに使われたスタイルフォント、両足のシュータン内側の太字テキストのグラフィックなど、さまざまなディティールにGrateful Dead(グレイトフル・デッド)らしさを落とし込みました。

2020年7月24日に発売され、イエロー、グリーン、オレンジのカラーリングでリリース。他のスニーカーにはないフェイクファーで覆われたアッパーに世界中のスニーカーヘッズたちが驚き、争奪戦が繰り広げられました。


ストリートシューズの王者を身にまとえ

世界のスニーカーシーンを牽引し、スポーツからストリート、カジュアルまで多くの場で圧倒的な存在感を示すダンクシリーズ。伝説的なスニーカーが多く、集め始めたらキリがないほど名作ばかりですが、あなたもぜひお気に入りの一足を見つけ、履いてみてください。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ