ファッション

オンは上品に、オフはcoolに きれいめラインでキメたいフーディ5選

Aventure編集部

パーカーといえば、フード付きの衣類を思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。しかし、海外のブランドサイトで「parka」と検索するとジャンルそのものがヒットしないことがほとんどです。
「parka」の語源は、1940年代頃、アラスカの先住民族・イヌイットが、動物の皮革でつくったフード付きの防寒着の総称。その形状から和製英語として日本に定着していますが、英語圏での名称は「HOODIE(フーディ)」。「HOODED SWEATSHIRT フーデッドスウェットシャツ」の略称で、生地はスウェットでフードのついたもの全般。検索ワードは、「HOODIE」または「SWEATSHIRT」となります。
この記事では、ちょっとややこしい伝わり方をしてしまったパーカーの歴史を振り返りつつ、オン、オフの着こなし術、トレンドを意識したラインや、トラッドアイテム5選を紹介します。


「ザ・キング・オブ・スウェットシャツ」の原点は、アンダーウェア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Champion Japan(@champion_japan)がシェアした投稿


パーカーの歴史を振り返る上で、はずせないブランドはChampion。1919年、NYでニットウェアカンパニーとして開業した「ザ・キング・オブ・スウェットシャツ」の異名を誇る100年を超えるメーカーです。
1920年代、ワーカー向けに販売していたウールの防寒用アンダーウェアが、米軍アカデミーのトレーニングウェアに採用されました。
やがて、Championは、ニットウェアから、より吸汗性が高く、軽量で肌触りのよいコットンを用いたスウェット生地を取り入れるようになりました。
当時は高価だったアスレチックウェアを、クオリティは譲らずリーズナブルな価格で販売していたところ、大学のスポーツチームのコーチの目にとまり、スウェットシャツがミシガン大学のアスレチックウェアとして採択。後のカレッジウェア・ラインの原点となりました。


1930年代、Championが起こした3つの技術革命

 

この投稿をInstagramで見る

 

Champion Japan(@champion_japan)がシェアした投稿


1930年代、Championは3つの技術革命を起こします。
ひとつめは、洗濯による縮みを抑える技術、リバースウィーブ。
縦に織っていたコットンを横向きにし、両脇部分にリブを採用。耐久性と保温性、動きやすさを兼ね備えたスウェットシャツは、ミリタリーの厳しい基準をクリア。やがてアメリカ軍のトレーニングウェアとして配給されるようになります。
ふたつめは、大学名やナンバーをプリントするレタリング加工。
大学ロゴやナンバーがプリントされたカレッジウェアは、文具と共に大学の売店で販売され、それまでアンダーウェアだったTシャツが、アウターに変身。1950年代にかけてタウンウェアとして広まっていきました。

3つめは、海軍からのリクエストによるリバーシブルTシャツの開発。訓練時、2チームにわかれる際に1枚のTシャツで対応できるものを作りました。

1940年代、体を冷やさないために、スウェットの首元にフードを縫い付け、手を温めるポケットを前面に備えたより防寒機能を加えたフーディが誕生します。

その頃、Championは、ネック部分の伸縮を補強するV字パーツ・ガジェット、より強度を持たせるため、2本の針と糸を使ったステッチングを開発。

現在も定番となっているスウェットシャツのデザイン。いずれも、ファッション性だけでなく、ニーズに応えて開発されたものです。


アメリカン・カジュアルファッションの礎に


ファッショナブルでありながら、実用性に長けたデザインは、その後も進化を続けます。
1950年代には、襟ぐりから袖下にかけた斜めのステッチ「ラグランスリーヴ」が登場。カレッジウェアの定番になりました。
1960年代以降、コットン100%だった生地に化学繊維を混紡。ブランドロゴが、ランナーのマークから、現在もおなじみのCに変わります。
1980年代には、ブランドを代表するフリースが登場。NBA(全米プロバスケットボールリーグ)の公式ユニフォームを手がけ、プロスポーツ界に君臨。アメリカ陸軍士官学校(USMA)のトレーニングウェアとしても起用され、大学のロゴをプリントしたスウェットシャツは、2500校を超えるようになりました。
創業当時からのミリタリー・ライン、カレッジ・ライン共に、アメリカのカジュアルファッションの定番となりました。


ストリート・カルチャーから生まれたブランド

Championがアメリカン・カジュアルの王道を歩む中、1980年代には、ストリートシーンの間でも、スウェットシャツやフーディが愛用されるようになりました。ユースカルチャーでもあり、アートやハイファッションとのタッグも目を惹くブランドを、シーンごとに紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stüssy(@stussy)がシェアした投稿

●STUSSY(ステューシー)

1980年代、南カリフォルニアのサーフシーンから生まれたブランド。ボードシェーバーのショーン・ステューシーが、サーフボードに走り書きしていた後に「ショーンフォント」と呼ばれるグラフィティ風のロゴが、仲間うちから広まって行きました。
STUSSYのスタイルはサーフシーンだけでなく、ヒップホップアーティストやスケーターからも好まれ、N.Y.にもショップをオープン。1990年には、イギリスや日本も含め、世界中のストリートシーンに広まっていきました。Vansを始め、ブランドとのコラボレーションも多数。カンガルーポケットは、フーディの定番として今も親しまれています。

●Supreme(シュプリーム)

1994年、NYでショーン・ステューシーと共に活動していたジェームス・ジョビアが自らスタートしたスケーターブランドであり、セレクトショップ。ストリートカルチャーらしくスケーターが集うコアな情報発信の場でもあり、デザイナー、ミュージシャン、アーティスト、フォトグラファーたちからも支持されました。
ヒップホップやパンクなどカウンターカルチャー色が強いイメージがありますが、THE NORTH FACE始め、アウトドアブランドとのコラボレーションも定番化しています。

●HUF(ハフ)

ニューヨーク出身のスケートボーダー・キース・ハフナゲルが、サンフランシスコで展開したブランド。スケートボード、スニーカーなど、自らセレクトしたコアなストリートアイテムを扱うショップを経て、2002年に満を持してスタート。
ヴィンテージの生地やデザインを、今日のアクティブなスケーター・シーンに落とし込んだスタイルは、幅広い年齢層に支持されています。
JAMES JARVISを始め、ウィットに富んだドローイングが光るフーディーは、まさに着るアートといえるでしょう。


ゆるめシルエット+スポーツアイテムで、着こなしをアップデート


1990年代にかけて、Championが築いたアメリカンカジュアル、THE NORTH FACEを始めとするアウトドアブランド、ストリートカルチャー・シーンで、フーディはジャンルを超えた定番アイテムとなっていきました。
当時から脈々と続く愛用者とは別の流れで、2020年前後から続く80年代・90年代のカルチャーのリヴァイヴァルの影響で、スウェットシャツやフーディのトレンドが再燃。現在も、その只中にあります。
当時の着こなしをオルタナティヴに守るもよし。アップデートすれば、部下や彼女に一目おかれるかもしれません。
90年代にくらべて、フーディはオーバーサイズが主流に。ゆるっと着ることで、トレンド感と大人らしい演出が可能に。オフは、ストリート系、スポーツ系のジャンルを問わず、ワンサイズアップするか、ゆったりめのシルエットを選ぶのが正解です。
オンは、カジュアルに見え過ぎないよう、アウターにひびかないタイトなシルエットをセレクトしたいもの。
ジップアップタイプは、レイヤードに便利。プルオーバータイプは、フードの立ち上がり部分が高いと、暖かな分、カジュアルな印象が強まります。オンで着る場合は、低めのものをセレクトしましょう。
ストリート系のブランドは、背景にあるカルチャーごと着るような感覚。身に着けているアイテムをきっかけに、出先で初対面の人とも話題が盛り上がることもあるので、ブランドのアイコンやストーリーはおさえておきたいもの。ジャンルで固めるもよし、敢えてジャンルレスにアウターやボトムスを合わせるのも、大人の所業。
ここからは、これまでに登場した代表的なブランドとは別に、トレンドを取り入れたおすすめのアイテムを、シチュエーション別に紹介します。

フーディの基本的な種類をおさらい

フーディの生地は、表が平編み、裏面はパイル編みか、裏起毛の二重構造。オールシーズン用にパイル編み、真冬は保温性の高いパイル編み。シーズンごとにそろえておくと便利です。
また、冒頭で触れたように和製英語の流れで「パーカー」と「フーディ」が混在していますが、スタイルにしぼって、代表的なタイプをおさらいしましょう。

1. ジップアップタイプ

フロントがチャックになっていて開閉できる。レイヤードを楽しみたいときに

2. プルオーバータイプ

かぶり。ジップアップのように調整がきかないので、試着は必須。見た目よりもタイトだったり、ゆとりがありすぎて着なくなってしまうケースも。

3. マウンテンパーカー

アウトドアシーンで、登山のためにデザインされたフード付きのアウター

4. ウィンドブレーカー

アウトドアシーンで、雨風を防ぐためにデザインされたアウター。撥水性のあるナイロンやポリエステル素材が多い

5. アノラックパーカー

プルオーバータイプのウィンドブレーカー。フード、フロントのハーフジップ、ポケットがついている。アウトドアシーンのためにデザインされたものだが、タウンユースとしても活躍


メイド・イン・ジャパン。『LOOPWHEELER』の伝統を身にまとう


コンセプトは、「世界一、正統なスウェットシャツ」。和歌山県に伝わる吊り編み機の技術と歴史を守りながら、1999年に誕生したジャパンブランド・LOOPWHEELER。裏毛のみ細く編んだ「吊り裏毛」。適度な肉厚さと軽やかさ、風合いのよさは、細やかな手仕事ならでは。
ハイジップで首のまわりをしっかりと温めつつ、シルエットはすっきり。代表的な「LW290 吊り編みハイジップフーディ グレーメランジ」は、オンはジャケットのインナーに、オフはレイヤードも楽しめそうです。
【公式WEBサイト】
LOOPWHEELER / official(loopwheeler.co.jp)


U.K.のトラッドブランド『FRED PERRY』 。レイヤードを楽しみたい

 

この投稿をInstagramで見る

 

フレッドペリー(@fredperryjp)がシェアした投稿


U.K.発・1952年に生まれたトラディショナルなブランド・FRED PERRY。紡績工場の息子として育ったフレッド・ペリーは、19歳で卓球の世界チャンピオンに輝いた後、テニスに転向。グランドスラムで活躍した一流のアスリートです。 ベストドレッサーでもあったフレッドがその名を冠したブランドは、着心地のよさと機能性で、スポーツ界だけでなくストリートカルチャーの間でも広まってゆきました。GORILLAZ、マーガレット・ハウエル、ラフ・シモンズを始め、トップブランド、ユースカルチャー、ミュージシャンとのコラボレーションも華やかです。
レイヤードしたときに袖口が利かせ色になりそうな「HOODED ZIP-THROUGH SWEATSHIRT」。伝統的な織機が生み出す裏毛が採用されています。裾からハイネックまでジップで調整できるので、オン・オフ問わずコーディネートしやすいアイテム。
【公式WEBサイト】
メンズ | FRED PERRY JAPAN | フレッドペリー日本公式サイト


『EPOCA UOMO』で、カモフラージュ柄を、精悍に、スマートに着こなす

 

この投稿をInstagramで見る

 

EPOCA UOMO(@epocauomo_official)がシェアした投稿


ライフスタイルにマニュアルを持たず、独自の価値観を求める男性の”愛すべき我儘”を満たすために生まれたブランド、EPOCA UOMO。
今シーズンのテーマは、「NEO MILITARY」。普遍的なジャンルを、現代的な解釈とともにデザインされています。トレンドでもあるカモフラージュ柄を、大人の男性らしく着こなすなら。
【公式WEBサイト】
EPOCA UOMO/エポカ ウォモ | EPOCA/エポカ|公式オンラインストア (epocaonline.com)


『Scotch & Soda』のインスピレーションに満ちたアイテムで、冒険心をまとう

 

この投稿をInstagramで見る

 

Scotch & Soda(@scotch_soda)がシェアした投稿


アムステルダムの運河沿いにある旧・教会にアトリエを構えるスコッチ アンド ソーダ。絵画、詩、ビンテージピース、遺跡などから受けたインスピレーションを落とし込んだ冒険心あふれるデザインに、注目が集まっています。
トレンドカラーのミントグリーンを基調にしたシンプルなフーディ、ポケットや背中に一癖もふたクセもあるマウンテンパーカ―など、個性が光るアイテムを探すなら。
【公式WEBサイト】
Scotch & Soda® | The Official Online Shop (scotch-soda.com)


“キング オブ スウェットシャツ“『Champion』の伝統と技術を振り返る

 

この投稿をInstagramで見る

 

Champion Japan(@champion_japan)がシェアした投稿


アメリカン・カジュアルを代表するChampion。本文で、ブランドや歴史について詳しく触れています。
「キング オブ スウェットシャツ」へと導いた技術・リバースウィーブ。伝統の技術と、トレンドの80年~90年代のリバイバルを同時に実感できる一枚。
王道の霜降りパーカー、ロゴ入りのカレッジシャツは、かつて着たおした!という方も、このアイテムでアップデートしてみてはいかがでしょうか。ロングスリーブTシャツとショートスリーブのフーディをレイヤード。落ち着いたカラーリングも大人仕様です。
【公式WEBサイト】
フーデッドスウェットシャツ オリーブドラブ | チャンピオンの公式通販サイト (hanesbrandsinc.jp)


まとめ


スウェットの歴史は、Championの歩みとともにあり。リバースウィーヴ、ガジェットやレタリング加工など、現在も脈々と受け継がれているディティールです。

アメカジとして日本でもファッションとして定着してく中、独自の路線を切り拓いたのは、5選でご紹介したループウィラー。

1960年代以降、化学繊維の開発によって世界的に大量生産の波が起こり、スウェットシャツも例外ではありませんでした。ループウィラー社が誇る「吊り編み」はトレーニングウェアやTシャツを編むのに適していますが、同時に職人さんの腕と時間を要する技術。

大量生産には不向きではあるものの、クオリティを担保しながらデザイン性を追求していった結果、アメカジのディティールを踏襲しながらも、日本らしい、オンリーワンのアイテムが生まれました。そのクオリティの高さから、1960年代以前のものはヴィンテージとして扱われいます。

5選ではオンになじむ落ち着いたアイテムをセレクトしていますが、オフには、アスリートブランドもおすすめです。

なかでも、「アディダス・オリジナルズ」は、フォーラムの復刻版やスタンスミスのように、部活やライブに明け暮れた日々を思い出してしまうようなノスタルジックなラインが魅力。 スケートボード界のレジェンド、マーク・ゴンザレスのグラフィックが際立つプルオーバーなど、ストリート感あふれるアイテムも。子どもたちと公園で遊ぶときのワンマイルウェアとしても活躍しそうです。

Aventure編集部

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBOKERBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ