ファッション

スニーカー界に多くの伝説を作った名作、エアジョーダン1を徹底解説

Aventure編集部

エアジョーダン1は、1985年に発売され、バスケットボールの神様「マイケル・ジョーダン」とともにスニーカーの歴史を大きく変えた1足です。1985年にマイケル・ジョーダンが実際に着用したエアジョーダン1がオークションハウス「Sotheby’s(サザビーズ)」で56万ドルで落札されたことが話題になりました。現在も復刻やアップデートがなされ、その度にファンを驚かせています。今回はエアジョーダン1の主な特徴や細かい違いについて解説していきます。


エアジョーダン1 とは

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Michael Jordan History(@jumpmanhistory)がシェアした投稿


エアジョーダン 1は1985年に発売されて以降、多くのスニーカーヘッズを魅了してきました。リリース当時から多くの伝説を残してきた1足のエピソードを紹介します。

1985年、マイケルジョーダンのNBAデビューイヤーにリリース

エアジョーダン 1は1985年、マイケル・ジョーダンのNBAデビューイヤーに販売されました。実は当時、マイケル・ジョーダンはadidasとの契約を考えていましたが、契約条件の違いにより、NIKEのシューズを履くことになったのです。

マイケル・ジョーダンは、1985年にルーキー・オブザイヤーを獲得し、以降6度のNBA優勝、10度の得点王など数々のタイトルを獲得しています。バスケットボールの神様と言われるマイケル・ジョーダンと同じく、エアジョーダン 1もスニーカー界の伝説の1足となっています。

当時、NBAからマイケル・ジョーダンに課された罰金をNIKEが払っていた

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Michael Jordan History(@jumpmanhistory)がシェアした投稿

NBAは、赤と黒で構成されたモデル「エアジョーダン 1 ブレッド」をカラーリングが規則違反であるとみなし、試合で履くたびに5000ドルの罰金を課しました。マイケル・ジョーダンはルールを無視して罰金を支払いながら試合に出場していたと言われています。ですが実際には、宣伝効果があるという理由からNIKEがこの罰金を肩代わりしていたのです。


エアジョーダン1にまつわる4つのエピソード

エアジョーダン 1にはさまざまなエピソードがあります。数ある中のいくつかを紹介します。

エアジョーダン 1とadidasのパフォーマンスロゴのデザイナーは同じ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Yoro Ng(@yoro_ng)がシェアした投稿


ナイキの伝説的シューズデザイナー、ティンカー・ハットフィールド氏がエアジョーダンシリーズを担当し始めたのは、「エアジョーダン 3」以降です。それ以前はピーター・ムース氏がデザインを担当していました。

彼はナイキのクリエイティブ・ディレクターを30年以上務めていましたが、adidasアメリカ支部創設者の経歴も持っており、adidasの3本線で三角形を象ったパフォーマンスロゴのデザイナーでもあります。

ウイングロゴは、シカゴへ向かう飛行機の中でナプキンに描かれ生まれた

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@shu_ogoがシェアした投稿


ジョーダンブランドのウイングロゴ誕生のキッカケは、ピーター・ムースが飛行機で移動しているとき、子どもが身につけていたアメリカ空軍パイロットウイングのレプリカにインスピレーションを受け、ナプキンに描いたことだと言われています。

1985年当時は、2500円で購入できた

エアジョーダン 1は、販売当時65ドルで販売されていました。人気があり転売屋が100ドルで販売していたのを見かねたナイキがエアジョーダン 1の流通量を増やした結果、在庫が売れ残りセールで20ドルで販売されていたと言われています。

マイケル・ジョーダン着用スニーカーが約5800万円で落札された

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Sotheby’s(@sothebys)がシェアした投稿


2020年5月に、マイケル・ジョーダンが実際に着用したエアジョーダン1がオークションハウス「Sotheby’s(サザビーズ)」に出品され、56万ドルで落札されました。現在、1985年当時に発売されたエアジョーダン 1 CHICAGOのデッドストックは世界中で15~20足ほどしか存在しないと噂されています。


エアジョーダン 1 high retro、ogなど各種名称の違い

エアジョーダンにはretoro、OGなどさまざまな名称があり、リリースされた年によってディティールが異なるのが特徴です。また、機能やデザインがアップデートされたものも発売されています。ここではそれぞれの違いを紹介します。

エアジョーダン 1 retroとOGの違い

エアジョーダン 1は人気モデルのため、何度も復刻版が出ています。その中で2001年以降の復刻モデルは「エアジョーダン 1 retro」の名前がついています。OGはオリジナルの略です。当時発売されたものを忠実に再現しています。

アップデートされ続けるエアジョーダン 1

エアジョーダン1は時代に合わせてアップデートされ続けています。OGやretroとも異なるエアジョーダン1を紹介します。

エアジョーダン 1.5

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Lin Guist(@jonny_linguist)がシェアした投稿


エアジョーダン 1のアッパーに、エアジョーダン 2のソールを融合させたモデルです。元々マイケル・ジョーダンがルーキーシーズンにゲリラ的に着用していましたが、当時は噂にもならず市販化もされませんでした。そのプロトタイプが2015年になり、エアジョーダン 1.5 ザリターンの名前で一般発売されました。

エアジョーダン 1 zoom air confort

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

[公式]千葉鑑定団 八千代店 古着(@yachikan.furugi)がシェアした投稿


エアジョーダン 1をベースにフルレングスのズームエアーを搭載しています。クッション性、安定性が増した1足です。2021年2月に発売された、フランスを代表するサッカークラブ、パリサンジェルマンとのコラボモデルが話題となりました。


初代エアジョーダン 1たち

エアジョーダン 1は1985年からさまざまなカラーバリエーションで発売されました。ここでは、その中でも代表的なものを紹介します。

エアジョーダン 1 CHICAGO

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@sherrimatesがシェアした投稿


「エアジョーダン 1 CHICAGO」がデザインされた時、当時マイケル・ジョーダンは「これは履けない。悪魔の色だ」と言い、着用を拒んだと言われています。その理由は大学時代のライバル校、ノースカロライナ州立大学のチームカラーで構成されていたからです。

1985年に初登場した「エアジョーダン 1 CHICAGO」ですが、30年以上あるジョーダンブランドの歴史の中で復刻モデルがリリースされたのは1994年、2013年、2015年の3回です。復刻されるタイミングでトゥボックスの形状や構造に若干の違いがあります。

2013年にリリースされたものには、ジャンプマンロゴがヒールとシュータンにデザインされており、ジャンプマンロゴが記された唯一のモデルとなっています。

2015年に販売されたCHICAGOモデルでは、シューレースを緩めて販売された

1985年にリリースされたモデルでは、シューレースを緩めて販売されていました。2015年に販売されたモデルではオリジナルと同様にシューレースが緩めて販売され、箱のデザインも竿のまま採用されています。当時、こういった細部へのこだわりがスニーカーフリークたちの中で話題になりました。

エアジョーダン 1 BRED

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

TAKATOSHI AKUTAGAWA アクタガワタカトシ(@takatoshi_akutagawa)がシェアした投稿


赤と黒で構成されたエアジョーダン 1です。発売当時、カラーリングがNBAの規則違反とされ、マイケル・ジョーダンが履く度に5000ドルの罰金が課されました。NIKEが広告費用として肩代わりしていたことが有名です。

1994年、2001年、2008年、2011年、2013年、2016年に復刻されています。2008年に復刻されたモデルはDMPモデル、2011年と2016年に復刻されたモデルはバンドモデルと言われています。

DMP

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Rick Ramirez(@airjordanclocks)がシェアした投稿


DMPはディファイニング モーメント パック(Definig Morments Pack)の略です。マイケル・ジョーダンが1986年のプレイオフで1試合に63特典というプレイオフ新記録を達成した試合をモチーフにした特別モデルで、ブルズカラーと、対戦相手のボストン・セルティクスカラーを落とし込んだ2足がセットで販売されました。

試合後にラリー・バード選手語った「It’s just God disguised as Michael Jordan.(彼はマイケル・ジョーダンの姿をした神だ)」というコメントが有名です。

バンド

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Gracious Crown(@gcsneaker)がシェアした投稿


バンド(banned)は「禁止された」の意味です。バンドの意味を込めた✖︎マークがかかと部分に刻印されています。

当時のNBAは、白ベースでユニフォームにあった色のバスケットボールシューズを着用することがルールとなっていました。

ナイキは、着用するたびに罰金が課せられたことを逆手に取り、「NBAはエアジョーダンを履くのを禁止した。しかし幸運なことに君たちがエアジョーダンを履くことは禁止できない」というコピーでプロモーションしました。

エアジョーダン 1 ROYAL BLUE

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Erwan CHANSOU(@gulliball)がシェアした投稿

青と黒であしらわれたロイヤルブルーは、数あるエアジョーダン 1の中でもファンたちの中では定番として愛されています。落ち着いた配色はクールな雰囲気があり、ストリート系からカジュアルまで合わせられる鉄板のアイテムです。

2001年、2013年、2017年に復刻されています。どの復刻版もオリジナルに近く、ヒールやタンにジャンプマンを施したモデルはありません。


近年、スニーカーヘッズの心に残ったエアジョーダン 1

エアジョーダン 1にはコアなファンですら全ての種類を把握するのが難しいほど豊富なカラーバリエーションがあります。それに加え、有名ブランドとのコラボも販売されています。ここでは近年話題になったものを紹介します。

Off-whiteコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

¥ohei(@13_yyyy)がシェアした投稿

Off-white(オフホワイト)はイタリア発祥のストリートファッションブランドです。アメリカのファッションデザイナー、ヴァージル・アブロー氏によって2012年にミラノで設立されました。

2017年11月に、The TEN Collectionがリリースされファンの間では伝説となっています。通常モデルとは異なるパーツの配置や素材を用いてスニーカーを再構築しており、オフホワイトらしい遊び心溢れるデザインが特徴です。

その10作の中でエアジョーダン 1 CHICAGOを再構築されたものがあり、今でも二次流通市場で高値で取引されています。

Travis Scottコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ゆうき(@yuukiiii0108)がシェアした投稿


Travis Scott(トラヴィス・スコット)は、カニエ・ウェスト率いるG.O.O.D.Musicと契約しているヒューストン出身のラッパー&プロデューサーです。ジャズ作家のソフトミュージシャンの父という音楽一家に生まれました。

トラヴィス・スコットとナイキのコラボ作は毎回即完売・プレ値が高騰するなどファンの間で熱狂的な人気を誇っています。エアジョーダン 1とはhighとlowの2つの種類で2回ずつコラボされており、どちらもスニーカーヘッズたちの間では伝説的な1足となっています。

UNIONコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

yuma.(@y______0913)がシェアした投稿


UNION(ユニオン)はSupreme(シュプリーム)の創業者、James Jebbia(ジェームズ・ジェビア)が立ち上げに参加したストリートブランドの元祖セレクトショップです。1989年にニューヨークで設立され、まだストリートウェアという概念がない時からStussy(ステューシー)などのブランドを取り揃えていました。

そんなUNIONとエアジョーダン 1がコラボしています。スニーカーヘッズたちの間で名作と言われる1足です。アッパーをタンブルレザーで構築し、シューレースはブラックとクリームのツートーンカラーを採用しています。各レザーパーツの縁をオレンジにしており、サイドのウイングロゴの下に「UNION」のロゴを刻んだラベルを配置しています。

Diorコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AB(@abhtxx)がシェアした投稿


Dior(ディオール)とエアジョーダンのコラボが2020年に発売されました。定価20万円だったものが、二次流通市場では100万円以上で取引され、非常に話題になった1足です。ホワイトとライトグレーのシンプルなカラーで構築され、サイドのスウッシュにはDIORの象徴である「DIOR OBLIQUE」が施されています。

また、シュータンのNIKE AIRロゴやソールの内側にDIORの文字が配置されるなど他にはない1足となっています。

THE TROPHY ROOMコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

everysize(@everysize)がシェアした投稿


THE TROPHY ROOM(トロフィールーム)はマイケルージョーダンの次男であるマーカス・ジョーダンが設立したスニーカーブティックです。スニーカーに限らず、アパレルアイテムも取り揃えており、マイケル・ジョーダンの親族だけに許された限定コラボも展開しています。

THE TROPHY ROOMがコラボに選んだのはエアジョーダン 1のCHICAGOカラーです。カラースキームはオリジナルそのままに、ステッチをブラックからホワイトに変更しています。レッドのカラーブロックに栄光の意味を込めた特殊加工を施し、ヒールサイドにはマイケル・ジョーダンのサインをプリント、インソールにはTROPHY ROOMのパッチを縫い付けるなど、高級感漂う一足です。


時代の変化とともに洗練され続ける伝説のスニーカー

エアジョーダン 1は時代の変化とともに価値を増し続けるスニーカーです。ヴィンテージの価値の高さはもちろん、次々と生まれる新作にも話題性があります。スニーカーの歴史に大きな爪痕を残しているこの一足をぜひあなたも身に纏ってください。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBOKERBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ