ファッション

キングオブスウェット、チャンピオンリバースウィーブの魅力を徹底解説

Aventure編集部

チャンピオンは、1919年にアメリカで生まれ100年以上の歴史を誇るブランドです。その中でも同社のリバースウィーブは革新的な技術を注いで作られています。1934年に生まれて以降、多くの人を虜にし続けるキングオブスウェット、リバースウィーブの魅力を解説します。


リバースウィーブとは

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ruruLi 原宿店(@ruruli_harajuku)がシェアした投稿

チャンピオンのリバースウィーブは、1934年に生まれた商品です。丈夫な生地に独自の製法で作れられたスウェットシャツは多くのブランドに影響を与えました。今やスウェットシャツの王様として君臨しているリバースウィーブについて解説していきます。

1934年に、あるユーザーのクレームがキッカケで誕生

リバースウィーブは1934年、サム・フリードランドによって作られました。とあるユーザーっから「スウェットシャツを洗うと縮んでしまう」というクレームを受けたサムは、縦に織っていたコットンを横向きに使用することで縮みを防ぐという画期的な方法を思いついたのです。

ユーザーの声を製品改良にどんどん反映していった

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Vintage Vibe(@vintagevibelou)がシェアした投稿

1938年に製法特許を取得し、ユーザーの声を生かして製品を改良していったことで多くのファンを増やしていきました。改良を重ねたリバースウィーブは、1952年に2度目の製法特許を取得しています。1952年のアスレチック・カタログにリバースウィーブが初めて掲載されました。

発売から1951年にいたるまでの17年間、リバースウィーブがカタログに掲載されなかった理由は、コピー商品が出回ることを防ぐためだったと言われています。

1961年にパーカーがリリースされる

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@comma.uvcsがシェアした投稿

今はスウェットに限らず多くのラインナップがあるリバースウィーブですが、パーカーがリリースされたのは1961年です。その翌年1962年に半袖のスウェットシャツが登場し人気を誇りました。

1997年にリバースウィーブをアップデートしたプレミアムウィーブを発売するなど、チャンピオン社は常にアップデートを続ける姿勢を貫いています。2008年にはリバースウィーブに生地の厚さが9ozのタイプを、当時の流行だったタイトなシルエットでリリースしました。


リバースウィーブの特徴

リバースウィーブは、革新的な生地の横使いによって高い耐久性を実現したスウェットシャツです。チャンピオンを代表とするマスターピースの魅力をここでは深掘りしていきます。

高い運動性と快適な着心地を両立

スウェットの横縮みを防止するために、生地の横使いに加えてサイドリブを採用しています。これにより、洗濯による縮みを軽減しただけでなく服の強度が増しました。着込んでも型崩れしにくく、伸縮性に富むため運動性を大きく向上しています。

多くのアスリートや米軍の訓練用ウェアとして採用されるほど、耐久性と運動性の評価は高いです。また、リブ部分はフラットシーマと呼ばれる凹凸のない縫製で仕上げており、肌触りも快適になっています。

生地に厚みがある

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

S.Tana(@pasadena_mart)がシェアした投稿


ウールセーターのような暖かさに加え、ふっくらとした柔らかさを兼ね揃えています。原産地や作られた年代、モデルによって厚みは異なりますが丈夫さと温かさを両立している点はリバースウィーブの魅力の一つです。

首もとのタグが時代によって異なる

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

もっさん(@moku5854)がシェアした投稿

首元のタグには、必ず「REVERSE WEAVE(リバースウィーブ)」と記されています。発売された年代やモデルによってデザインの違いがあり、古着も人気です。経年の違いを楽しめることもリバースウィーブがロングセラーとなる理由の一つでしょう。

代表的なタグは1970~80年代に生産された赤、青、黄、緑、黒の単色タグや、1980年代の白、赤、青のトリコロールカラーで構成された「トリコタグ」、1990年代以降の刺繍タグです。

経年変化し、どんどん味が出る

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

aimi (@twoface_aimi)がシェアした投稿


リバースウィーブは生地が丈夫で硬く、しっかりとしています。新品だと頑丈さゆえに多少のごわつきを感じる人もいるでしょう。ですが、着込むほど肌になじみタッチが柔らかくなってきます。

丈夫な作りだからこそ、エイジングによる味だしも可能です。経年変化を楽しみながら付き合えるのもリバースウィーブのファンが多い理由でしょう。


生産地によるリバースウィーブの違い

リバースウィーブは、キング・オブ・スウェットとして今なお生産され続けています。生産国によって値段やディティールが異なるので購入時は注意が必要です。ここでは生産国による違いを解説していきます。

アメリカ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

RareChampionArchviesfromJapan(@chimpion_mania)がシェアした投稿


チャンピオン発祥の地であるアメリカ産のリバースウィーブはUSAコットンを使用しています。系から生地、製法まで全ての工程をメイドインUSAでこだわっており、硬めで力強くタフな作りです。アメカジ好きにはたまらない作りとなっているでしょう。値段は1万5,000円以上となっています。

中国

中国産のリバースウィーブではUSAコットンは使用されていないものの、上質なコットンが使用されています。アメリカ産の硬く力強いものとは異なり、柔らかく着心地のいい手触りです。値段は1万円ほどまで下がってくるため、アメリカ産と比べてお手頃です。

その他の生産国

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

kenny(@the_kent_1203)がシェアした投稿


その他の生産地としては、エルサルバドル、ホンジュラス、ベトナムなどの国が挙げられます。コットンの使用量が少なく、ポリエステルが多い仕様です。値段も6,000円ほどと安くなっています。


リバースウィーブの年代ごとの違い

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@sanbuenaventura_caがシェアした投稿


最初期のリバースウィーブには、大きなランタグがついていました。このタグがつくタイプは袖までが1枚仕立てになったドルマンスリーブが施された仕様が特徴です。しかし、このドルマンスリーブ仕様のリバースウィーブはチャンピオンの中では未完成のものだったようで、1940年に一度生産終了となっています。まさに幻のリバースウィーブと言えるでしょう。

第二次世界大戦中は物資統制の影響を受けたことから、生産が行われていません。1947年から生産を再開しています。

1950年代

1950年代のリバースウィーブでは1952年の2度目の特許申請の影響もあり、タグが何度か変更されています。2度目の特許申請まではリバースウィーブ専用のタグが付かないこともあったそうです。この年代のリバースウィーブのアームホールは広く設計されていました。アメリカンフットボールなどの競技において、防具の上から着用するためにこのような設計をされていたそうです。

1960年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

春原 勉(@tac_vintage)がシェアした投稿


この年代のタグは、タタキタグと言われるタグの四方を全て縫い込んだ形になっています。「CHAMPION KNITWEAR CO INC」とタグの一番上に表記され、サイズ表記が真ん中あたりに表示されています。これまでの年代にはなかったレジスタードナンバーの表記がついているのも特徴です。

この年代のリバースウィーブは、ボディーには漂白していない綿そのものの色(オートミールカラー)で、袖と裾のリブは荒目の綿で編んだものを編まれています。この年代までのリバースウィーブはコットン100%です。

1960年代後半のアメリカでは消防法により、コットン100%の裏起毛するスウェットシャツの販売が禁止されました。そのため、1965年に初めてポリエステルを混ぜたスウェットが販売されています。使用されていたポリエステルは、ロチェスターに本社を構えていたコダック社が開発したものです。

1970年代

1970年代のタグから現代もよく復刻されるものになってくるため、このタグをよく見かけたことがある人は多いでしょう。タタキタグがこの年代で終わったことも、今の形に近づいていると思われている理由の一つです。

前期型

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A.I(@grantheights)がシェアした投稿


最初期のタグには、タグの下にアンダーバーがついており、REVERSE WEAVEの文字の横にTM表示がなされています。それ以降はアンダーバーがなくなり、TM表示から®︎表示へと変更されました。

単色タグと言われており、赤、青、黄、緑、ゴールド、オレンジ、黒の単色で作られているのが特徴です。初期のリバースウィーブの素材はコットン90%、ポリエステル10%となっています。アームホールが細くなっており、アスリートに多く使われていたことから、「WARM UP」という文字が追加されました。

後期型

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

村上ボンジンボン(@murakami_bonzinbon)がシェアした投稿


1976年以降はタグのデザインは同じです。ですが、リバースウィーブの素材が異なっており、コットン90%、アクリル10%となっています。アームホールが比較的太くなり、パーカーのフードは小さめなのも特徴です。アクリル素材は、ポリエステルと比べて保温力や肌触り、着色しやすいと言われています。

1980年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Joe(@joe_cup_of)がシェアした投稿


リバースウィーブは1980年代から、通称トリコタグと言われる白、赤、青のトリコロールカラーでデザインされたタグを採用しています。このタグが使用されているのは1980年代のみ。前期型、中期型、後期型に分けられ、素材も異なっています。

前期型

1981年から83年ごろまでに製造されたモデルのことを指します。素材はコットン82%、アクリル12%、レーヨン6%です。カラーボディーのものの中には、コットン90%、アクリル10%のものも存在しています。

中期型

1983年から85年ごろに製造されたモデルです。素材はコットン90%、アクリル10%が使用されています。中期型のタグにはMADE IN USAが表示されており、®︎マークがCHANPIONの「C」の上にある点が特徴です。

タグの裏には、「DUE TO THE BULKY MATERIAL AND ATHLETIC COLORS,WASH SEPARATELY」と記載されたタグがもう一枚あります。これは、この年代から色合いの種類が増え、後染めものの生地が増えてきたために、色移りのクレーム対応としてつけられたと言われています。

後期型

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

村上ボンジンボン(@murakami_bonzinbon)がシェアした投稿


1985年から1990年に製造されたモデルが後期型と呼ばれています。素材はコットン89%、アクリル8%、レーヨン3%です。Championの「n」の文字の上に®︎マークが記されています。

1990年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

nano(@1016nano)がシェアした投稿


1990年代から、リバースウィーブのタグは刺繍タグと言われるものに変わります。トリコタグ同様にトリコロールカラーでデザインされていますが、タグが少し縦長になり、ロゴを刺繍であしらっているのが特徴です。刺繍タグは前期型と後期型で分かれています。

前期型

前期型は1990年代前半に製造されたモデルで、コットン89%、アクリル8%、レーヨン3%が素材となっています。刺繍タグはUSA製とメキシコ製があり、前期型がUSA製です。

後期型

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

村上ボンジンボン(@murakami_bonzinbon)がシェアした投稿


後期型は1990年代後半に製造されたモデルです。素材はコットン90%、アクリル10%となっています。大学などのブックストアで販売されていたものではなく、民生品として売られていたものが多いです。プリントものではなく、単なる目玉のワンポイントが刺繍されたデザインが多くなっています。

見分け方

リバースウィーブは復刻版が多く販売されています。ヴィンテージものと復刻版を間違えて購入してしまう人も多いため、いくつか見分け方を説明します。

前提として、左袖にチャンピオンの「C」マークがついている場合は、「1984年以降のもの」「現行品」「復刻品」のいずれかです。そのため、Cマークがついている場合はヴィンテージものではありません。とはいえ、Cマークがきれいに取り外されているものも中にはあります。そのため、以下のポイントも覚えておきましょう。

襟タグ

単色タグ、トリコタグはヴィンテージのものには、「素材名(例:コットン90%、ポリエステル10%)」と「MADE IN U.S.A」の記載が両方とも入っています。そうでないものは復刻版です。

生地裏のタグ

生地の裏に日本語で書かれたタグがある場合、ヴィンテージものではありません。新しいmのは製造時に必ず内タグが取り付けられるからです。


リバースウィーブの種類

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Re’all(@reall_koenji)がシェアした投稿


アメリカの大学名がプリントされたものをカレッジプリントと呼びます。チャンピオンの代名詞とも言えるデザインです。1930年に初めて大学名やナンバーが入るものが開発されました。元々は大学が生徒に貸したウェアを管理する目的でデザインされたものでしたが、1950年代からは学生たちの日常着として販売され、それ以降人気になったと言われています。

3連プリント・染み込みプリント

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

LABORATORY/BERBERJIN®(@laboratory_berberjin_r)がシェアした投稿


フロントボディに3つロゴがデザインされたものが「3連プリント」と呼ばれています。リバースウィーブの中でも人気のディティールです。

ワンポイントロゴ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ruruLi 原宿店(@ruruli_harajuku)がシェアした投稿


ワンポイントロゴは、左胸にチャンピオンマークが配置されたもののことを言います。チャンピオンのスウェットシャツとして広く認知されているのはこのデザインでしょう。復刻版含め、さまざまなカラーリングや素材で販売されています。

目無し

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ワッツアップ原宿店(@whatzupharajuku)がシェアした投稿


ワンポイントロゴのロゴの部分がない、無地のものを「目無し」と呼ばれています。ワンポイントロゴと比べて市場に出回っている数が少なく、希少なディティールのため人気です。


生涯着続けられるキング・オブ・スウェットをあなたの手に

チャンピオンのリバースウィーブは高い耐久性と運動性を両立しており、経年変化を楽しめる名作です。生涯の相棒として着続けることもできます。古着屋などでヴィンテージの一点ものと出会う機会はなかなかないので、もしものと出会った時は躊躇せずに購入することをおすすめします。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBOKERBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ