ファッション

名モデルを再現。リーバイスクロージングヴィンテージを徹底解説

Aventure編集部

時代とともに歩んできた名モデルを「リーバイスクロージングヴィンテージ」として復刻したリーバイス。手に入らない当時のヴィンテージデニムを時代を超え再現し、デニムフリークのロマンをかきたてました。今回はリーバイスクロージングヴィンテージの特徴や選び方を徹底解説します。


リーバイスヴィンテージクロージング(LVC)とは

1853年にサンフランシスコに設立されたリーバイス。創業者のリーヴァイ・ストラウスはドイツからの移民としてアメリカに渡航してきました。当初は雑貨・生地店として開業して、ゴールドラッシュ時代にワークパンツを商品化し、提供していたのです。多くの労働者の希望により、やがてワークパンツに使われる生地はデニムへ。今の時代でいう「ジーンズ」が誕生しました。
現代ではファッションアイテムとして多くの人に愛されているジーンズ。1900年初頭までは労働者のための服として採用されていたため、優れた耐久性を持っています。1890年にはロットナンバーが採用され、世界的に愛される「501」が生まれました。

時代を超えた人気モデル

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

kenji(@kenji___y)がシェアした投稿


リーバイス・ヴィンテージ・クロージングとは、当時愛されていたシルエット・デザイン・ファブリックなどのディテールを再現したコレクションです。1999年にリーバイス・ヴィンテージ・クロージング(LVC)という復刻モデルが、過去145年の人気モデルをリーバイス社が所蔵するアーカイブをもとにを誕生しています。当初はグローバルライン、日本の2種類で展開していましたが、2010年にオランダで新設されたXX事業部によりLVCを一本化しています。

名モデルを忠実に再現

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

アメリカ屋 仙台六丁の目店(@rokutyounome)がシェアした投稿


リーバイスの長い歴史の中で誕生し、501XXをはじめとする各時代の名作たちにスポットを当て、復刻発売しています。ディーゼルやラルフローレンの中でもコアなユーザーが多いRRLなどで要職を勤めたマウリツィオ・ドナディ氏が指揮をとり、素材の仕様はもちろんユーズド感を追求しました。1971年頃までの赤タブなど当時のリーバイスを細やかに再現しています。


年代別リーバイスクロージングヴィンテージの特徴

人々のニーズや時代背景にともない変化するリーバイスジーンズ。1999年に誕生したリーバイスクロージングヴィンテージは、各時代の名モデルを忠実に再現しました。
ここではリーバイスを象徴する名作、“リーバイス501”の歴史とともに、リーバイスクロージングヴィンテージの特徴を解説します。

1890年 サスペンダー付きワークパンツ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

a_ki(@bojuchin)がシェアした投稿


◎特徴
・サスペンダー付き
・ベルトループなし
・赤タブなし
・シングルステッチ
・シンチバック採用
・右側のみバッグポケット付き

1890年に初めてロットナンバーが付いた初代501シリーズ。最大の特徴はベルトループがなく、サスペンダーがついています。股下に少しゆとりがあり、“ジーンズ=作業着”だった当時の時代を感じさせられます。
ワークウェアでお馴染みのシンチ・バッグが採用されており、ウエストの調整が可能です。全体的に細かなデザインが少なく、ダブルステッチもありません。まさに当時のワークパンツを再現した一着です。現代のファッションと比較すると、少し特徴的なデザインですがヴィンテージ感あふれる佇まいを感じるモデルといえるでしょう。

1915年 コーンミルズ社の生地を採用した軽い一着

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

CEREAL(@cereal_99bayside)がシェアした投稿


◎特徴
・サスペンダー付き
・ベルトループなし
・赤タブなし
・アーキュエイトステッチ
・シンチバック採用
・左右のバッグポケット付き
・コーンミルズ社を採用
・バックポケットにリベット付き

コーンミルズ社の生地が採用されるようになった1915年の501シリーズ。当時のリーバイスは「ゴールデンハンドシェイク」という、コーンミルズ社のデニム生地を独占的に使用する提携を結びました。1890年シリーズは、コーンミルズ社製のレッドセルヴィッジ生地を採用し全体的に軽い印象になっています。
腰回りからズドンと降りる太めのシルエットが特徴的で、初代501の雰囲気を残したワークパンツです。1890年モデルと同様、ベルトループはなくサスペンダーとシンチバックというシンプルなディテールで施されています。
新たにバックポケットにリベットがあしわられ、よりクラシカルなデザインへと進化しました。アーカイブにさらにインスピレーションを重ね、コーンミルズ社の文化を取り入れた一着となっています。歴史的な時代を表現したリーバイスの復刻モデルです。

1933年 さまざまな穿き方を可能に

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Stinson OG(@stinson.og)がシェアした投稿


◎特徴
・サスペンダー付き
・ベルトループ付き
・赤タブあり
・アーキュエイトステッチ
・シンチバック採用
・左右のバッグポケット付き
・アメリカとヨーロッパ501が統合
・バックポケットにリベット付き

リーバイスは、1993年にアメリカ501とヨーロッパ501を統合しました。その結果、501がグローバル化され、全世界共通の501が誕生したのです。リーバイスクロージングヴィンテージ1993年はそういった時代背景も表現しています。バックライズが深いアメリカ501と、1947年大戦モデルにインスパイアされたヨーロッパ501のストレートフィットを採用したデザインに仕上げたのです。
当時の93年モデルから、バックポケットのサイズやポジショニングが見直されています。さらに、リーバイスクロージングヴィンテージでは遊びや仕事にエネルギッシュなメンズが穿きやすいストレッチ素材を採用腰回りに少しゆとりを持たせ、テーパードのないストレートシルエットは、現代ファッションでも取り入れやすい仕様です。

1944年 マニアが好む大戦モデル

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Hiroaki Kitano(@hiroaki_surfranch)がシェアした投稿


◎特徴
・月桂樹ボタン
・コインポケットのリベットなし
・赤タブBigE
・ペンキステッチ
・革パッチ
・左右のバッグポケット付き

大戦モデルは、世界を揺るがす第二次世界大戦時に販売していたリーバイスの名作です。資材を削減するために、今までに施されていたディテールを変更し簡略化した仕上がりが特徴的となっています。トップには月桂樹ボタンが採用され、コインポケットにはリベットを取り外しました。
ジーンズのフロントポケットの袋地にあしらわれているスレーキはストライプ柄になっています。一見、デザインに配慮されたスレーキに見えますが、当時はネルシャツやリンボーン生地など、さまざまな素材でスレーキが付けられていました。革パッチには『簡略化された=Simplified』の意味を込めて501の頭文字にSを付け「S501xx」と表記されています。
マニアの中では“大戦モデル”と呼ばれており、リーバイスクロージングヴィンテージの中でも人気を誇るモデルです。

1947年 ロックンロール世代を象徴

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

経年変化男(@aging.sucosucoman)がシェアした投稿


◎特徴
・隠しリベット
・コインポケットにリベットを復活
・赤タブBigE
・アーキュエイトステッチ
・Vステッチ
・革パッチ
・左右のバッグポケット付き

第二次世界大戦が終結した年に作られたリーバイスの不滅の一着です。1944年に政府からの要請で資材節約のために、さまざまなディテールを削られてきました。
しかし、終結年にはコインリベットが復活。トップボタンも月桂樹からリーバイスオリジナルボタンへと戻りました。初代の501と比較するとシンプルなディテールが特徴的です。濃紺のピュアインディゴで染色され、よりスリムでフィット感のあるシルエットは、ロックンロール世代を思わせるような、深みのあるデザインを感じられるでしょう。

1955年 クラシックなバイカラースタイルで味わい深さを

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Billy Ng(@bondstreamline)がシェアした投稿


◎特徴
・アーキュエットステッチ
・革パッチから紙パッチへ
・レインボーステッチ
・赤タブBigE
・左右のバックポケット付き

完成度の高い1947年モデルからアップデートを重ねた55年501シリーズ。50年代のトレンドともいえるアンチフィットなヒップの作りと、ゆとりのあるボックスシルエットが特徴的です。1955年モデルは革パッチからレザーを模した紙製のパッチへと変更されました。ポケットの周りは、オレンジと黄色の2色で施されるレインボーステッチになり、華やかさが増しています。錦糸であしられ、繰り返しの洗濯でステッチの色の抜けを楽しめるのもこのデニムの魅力です。穿きこむことで、破れた穴から濃い生地が見えるワクワク感も味わえます。
穿けば穿くほど、自分だけのオリジナルな一着が作れるデニムを求めるなら、1955年のリーバイスクロージングヴィンテージはおすすめです。

1966年 細部までこだわり抜かれた縫製技術

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Blues Rock(@bluesrockvintage)がシェアした投稿


◎特徴
・赤タブBigE
・紙パッチ
・並行ステッチに変更
・バータック
・ダブルネーム

ボタン部に施されているVステッチを並行ステッチに変更した1966年モデルは、縫製技術の向上を感じられる仕上がりになっています。家具を傷つけてしまうことから、隠しリベットを廃止し日本では“カンヌキ”とも呼ばれるバータックを起用しました。耐久性はそのままにジーンズを補強するという、ミシンの進化を感じられます。
ファッション性にもこだわヒップのシルエットを改善しました。レッグ部分にはテーパードを採用し、現代ファッションに近づけたデザインになっています。リベットの代わりに採用された「バータック」と「赤タブBigE」を併せ持つモデルは1966年から71年の限定品です。リーバイスの長い歴史の中でも貴重なディテールと言ってもいいでしょう。


リーバイスクロージングヴィンテージ(LVC)が選ばれる理由

デニムの中でも古い歴史を持つリーバイス。アーカイブをもとに作成されたリーバイスヴィンテージクロージングは、世界中のデニムフリークに愛されるコレクションです。
なぜ、人々はLVCを追い求めるのでしょうか?

自分に合うサイズが見つかりやすい

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Yuki Sato(@8yu0uk8)がシェアした投稿


復刻されたヴィンテージリーバイスは、サイズ展開が豊富です。ヴィンテージ品だとどうしても自分に合うサイズが見つけられなかったり、思ったシルエットのデニムに出会えなかったりします。ウエストとレッグスがしっくりくるサイズを古着で見つけるのは困難です。
せっかく見つけた貴重な一着もサイズ一つで、妥協を余儀なくされます。しかし、リーバイスヴィンテージクロージングなら、販売店次第では裾上げも可能です。実際に穿くのであれば、LVCはおすすめだと言えるでしょう。

デニムを育てられる楽しみ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

PATAO(@meganehetare)がシェアした投稿


リーバイスの特徴として、各年代の時代背景が商品に反映されていることが挙げられます。ディテールやシルエット、細やかな特徴がある復刻版ですが、色落ちする楽しみも味わるのも醍醐味の一つです。
生デニムやノンウォッシュと呼ばれる、いわゆる”糊付け”がされていないリジットデニムは、洗うと縮みます。一般的なボトムスとは違い、洗う頻度やタイミングにより色ムラや色落ちの度合いが変わるため、自分色に染まった世界に一つだけのデニムを作れるのです。


リーバイスクロージングヴィンテージ(LVC)の選び方

穿くだけではなく、手入れも楽しめるデニムとしてリーバイスヴィンテージクロージングは一着持っておきたいところです。しかし前半で解説したように、多くの名モデルが復刻されています。ここではそんなリーバイスヴィンテージクロージングの選び方を解説していきます。

44年以降のリジットデニム

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

americaya(@610americaya)がシェアした投稿


現代のファッションアイテムと合わせるなら、1944年以降のリジットデニムがおすすめです。1890年など初代モデル寄りになるとサスペンダーやシンチバックといった、特殊なディテールが施されています。
ステッチやシルエットなどヴィンテージ感を得られる一方で、普段使いするにはセンスが問われるでしょう。ナチュラルに都会的なコーディネートを作り上げるなら、44年以降のモデルが最適です。

2、3サイズ上を選ぶ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

garlycsone(@garlycsone)がシェアした投稿


糊付けされていないリーバイスヴィンテージクロージングは、縮む前提でサイズを選ぶのがおすすめです。洗濯や乾燥方法によって個体差は出ますが、最大で約10%縮むと公式サイトに記載があります。
目安としては通常27-36インチを購入している方はリーバイスヴィンテージクロージングの場合、2インチ上のサイズを選ぶと程よいフィット感を得られるでしょう。38インチ以上を購入している方は3インチ上のサイズを選んでみてください。


世界に一つだけのリーバイスを

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Blues Rock(@bluesrockvintage)がシェアした投稿


世界中のデニムフリークに愛されるリーバイスは、創業から多くの時代を超え文明の発展・時代背景を象徴してきました。各モデルには当時の時代背景が色濃く映し出されています。
リーバイスヴィンテージクロージングは、当時の名作を自分色に染め上げる粋なシリーズです。あなただけの一着を作り、こだわりあるデニムライフを過ごしてください。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスレコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ