ファッション

ジョーダンシリーズの人気を確立させたエアジョーダン4を徹底解説

Aventure編集部

エアジョーダン4は、1989年に発売されました。マイケル・ジョーダンの伝説的なプレー「The Shot」のシーンで記憶している人も多いでしょう。当時の最先端技術を搭載したエアジョーダン4は、同シリーズの人気を確立させたシリーズです。今もなお高い人気を誇っています。今回はエアジョーダン4の主な特徴や歴史、名作について解説していきます。


エアジョーダン4とは

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Phil(@weakside_mj)がシェアした投稿


“ザ・ショット”のシーンを覚えているNBA好きやマイケル・ジョーダンファンは多いでしょう。彼がその時履いていたシューズが、エアジョーダン4です。下降気味だったエアジョーダンシリーズの人気を復調させ、再び熱狂を生んだシューズに込められた魅力を解説していきます。

1989年にリリース

エアジョーダンシリーズの4作品目として1989年にリリースされました。ティンカー・ハットフィールド氏によってデザインされ、ミッドカットのみで展開されています。当時、エアジョーダン2とエアジョーダン3は変化が単調だったがために人気が下降気味でした。そんな中、革新的なデザインのエアジョーダン4によってジョーダンシリーズの人気は再燃したのです。

最先端の技術を搭載

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Bako Ágnes(@cameronburos)がシェアした投稿


エアジョーダン4の特徴は当時最先端の技術にデザイン性を加えた点です。シューズの補強や軽量化、サポート力向上のためにプラスチックやメッシュなどの素材を目に見える形で使っています。サイドのプラスチック部分はバスケットゴールをイメージして作られたそうです。通気性を向上させるためのメッシュパネルはデザインとしての機能も果たしています。

シュータン部分にジャンプマンと「Fight」のロゴがあり、シュータン裏には「AIR JORDAN」の文字を逆に配置しています。これは、シュータンを裏返しにして履く当時のストリートカルチャーが反映されたデザインです。

マイケル・ジョーダンはキャリア初のシーズンMVPを獲得。エアジョーダン1から徐々に人気が下降気味だったエアジョーダンの人気を再び上昇させました。

ザ・ショットとともにファンの記憶に鮮明に残る

1988-1989年シリーズのプレーオフ、イースタン・カンファレンスのクリーブランド・キャバリアーズとの第五戦は、2勝2敗で負ければ敗退の一戦でした。試合の残り時間3秒で1点差で負けている状態からラストワンプレイを託され、見事ジャンプシュートを決めたのです。

喜びを爆発させ、信じられないほど高く飛んでガッツポーズするマイケル・ジョーダンが印象に残っている人は多いでしょう。

奇才スパイク・リーの映画「Do The Right Thing」に登場

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Dtone Jean Marie Compper(@dtone_)がシェアした投稿


1989年に上映された「Do The Right Thing(ドゥ・ザ・ライト・シング)」は、現在に大きな文化的影響を与えており、語り継がれる名作の一つです。その作中でエアジョーダン4が着用されています。

エアフォースワンとのコラボ作も

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Ryota Hasegawa(@flight0105)がシェアした投稿


エアジョーダン4は、エアフォースワンとコラボしたシューズも販売されています。アッパーがエアジョーダン4、ソールがエアフォースワンとなっており、名前はエアジョーダンフュージョン4です。ホワイト/バーシティーレッドとブレッドのカラーリングを中心に多くのカラーウェイで販売されています。


初代エアジョーダン4たち

エアジョーダン4は1989年にリリースされて以降、数えきれないほど多くのカラー展開をしています。ここでは1989年にリリースされた初代エアジョーダン4を紹介します。

ホワイトセメント

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Kevin Klein(@cckickclub)がシェアした投稿


ホワイト、ブラックを軸に、セメントカラーをミッドソールとサイド、バックに配置しています。奇才スパイク・リーの映画「Do The Right Thing(ドゥ・ザ・ライト・シング)」に登場した一足として有名です。1999年、2012年、2016年に復刻版が発売されています。

ブラックセメント

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

まーちゃ(@macha100100)がシェアした投稿


アッパーはブラックのヌバック、メッシュ素材、プラスチックパーツで構築されています。差し色にレッドを、全体のアクセントとしてグレーを使った一足です。このカラーリングは、ブレッドカラーと呼ばれ、マイケル・ジョーダンを象徴とするカラーリングになっています。復刻版は、1999年、2008年、2012年、2019年にリリースされています。

ファイヤーレッド

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Y Kicks 7(@ykicks7)がシェアした投稿


アッパーのホワイトカラーを基調に、TPUパーツ、ミッドソールをレッドで配色しています。エアジョーダンシリーズでは屈指の人気を誇るカラースキームで、スラムダンクの「流川楓」が同カラーリングのエアジョーダン5を着用していることで有名です。復刻年は2006年、2012年、2020年となっています。

ミリタリーブルー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Sneakers Farmer(@sneakersfarmer)がシェアした投稿


ホワイトを貴重に、ミッドソール、TPUパーツにブルーを配色しています。1989年サマーシーズンに発売されました。復刻版のリリース年は2006年、2012年です。


カラーリング・素材の変化でさまざまな顔を見せる

エアジョーダン4の特徴として、カラーリング、スエードやレザーなど素材の変化でスニーカーの雰囲気が異なることが挙げられます。ここではエアジョーダン4シリーズの中でも話題となったものを紹介します。

ビビッドカラーが話題となったLightning

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ken(@ken_sk25)がシェアした投稿


アッパーをビビッドなイエローで構築しています。 2006年にTシャツとセットでオンラインで販売されたもので、2021年に15年ぶりに復刻され話題となりました。アッパー素材にヌバックレザーを使用しサイドパーツ、ヒールロゴ、アウトソールをダークグレーを配色しています。

ノースカロライナーカラーにスエード素材を纏ったUniversity Blue

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Birger Karlsson(@11112222carp2505)がシェアした投稿


アッパーをユニバーシティーカラーで染め上げ、TPUパーツなどをブラックに配置しています。2018年に発売されたトラビススコットコラボを彷彿とさせるカラーリングで話題になりました。

エアマックス狩りカラーを落とし込んだNeon

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Exclusive Sneakers For Sale(@un_creased)がシェアした投稿


1995年に発売されたエアマックス95 ネオンはスニーカーの歴史を語る上で欠かせない存在です。スラムダンクブームや、SMAPの木村拓哉氏が着用などにより人気が急上昇し、定価の数十倍の値段で販売されることもありました。その結果、「エアマックス狩り」と呼ばれる、着用者を襲う社会現象にまで発展したのです。

そんな名作のカラーリングをまとったエアジョーダン4が2020年に発売されました。アッパーはグレーのグラーデーションカラー、アウトソールをブラックのマットに仕上げています。シュータン、アイレット、インソール、ソールのネオンカラーがアクセントとなり、ヒールにはリフレクティブデザインのNike Airロゴがあしらわれた一足です。

黒一色で異質な存在感を放つBlack Cat

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Sidekickz(@sideki_ckz)がシェアした投稿


Blackcat(ブラックキャット)は、オールブラックで配色されたエアジョーダンシリーズにつけられる名称です。エアジョーダン4 Black Cat(ブラックキャット)は2006年にリリースされ、2020年に復刻されました。アッパー全体にはマット感のあるヌバックレザーが使用され、プラパーツやヒール部分のジャンプマンロゴにはツヤ感のあるグロスブラックが配色されています。上品な雰囲気をまとった一足です。


高値で取引されるエアジョーダン4たち

エアジョーダン4は、さまざまブランド・デザイナーとコラボされました。ものによっては数百万円以上で取引されるものもあります。ここではその中からいくつかピックアップしてお伝えします。

WahlBurgersコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

SoBe Footwear(@sobe_footwear)がシェアした投稿


映画「テッド」「トランスフォーマー」とヒット作に出演したハリウッド俳優MARK WAHLBERG(マーク・ウォールバーグ)とジョーダンブランドは親交があり、彼のために用意されたシューズがいくつか存在しています。

2018年6月に、ウォールバーグ氏と彼の家族が運営するハンバーガーレストラン「Wahlburgers(ウォールバーガー)」がアメリカミネソタ州でオープンしました。その時に同氏が着用していたものがこのエアジョーダン4です。

シュータン上にはベルクロ仕様の「Wahlburgers」のロゴがあり、アッパーはショップのイメージカラーであるグリーンのスエードがあしらわれています。両足共に外側のメッシュ部に店名のピスタグがついた仕様で、アイスティとウイングのプラパーツ、アウトソールはクリアカラーとなっています。

このスニーカーは非常に希少なことで有名です。StockX(ストックX)では300万円近くで取引されています。

Eminemコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

KIX-FILES HK(@kixfiles_hk)がシェアした投稿


ラッパーのEminem(エミネム)が、2005年にアルバム「アンコール(Encore)」をリリースした際に、50足限定でエアジョーダン4 アンコールが発売されました。その後2017年にチャリティ目的で23足限定で復刻し、激しい争奪戦となっています。StockX(ストックX)での取引額は300万円近く。2020年に同シューズに似たカラーリングのエアジョーダン4が発売され話題になりました。


近年話題になったコラボ作

近年のスニーカーブームの中でエアジョーダン4は多くのブランドとコラボしています。その中でも特にスニーカーヘッズの心を掴んだものを紹介します。

KAWSコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Desmond Tan(@desmikado)がシェアした投稿


人気グラフィックアーティストのKAWS(カウズ)と、ジョーダンブランドが初めてコラボした作品です。2017年に発売され即完売、二次流通市場で高値で取引されています。

アッパーをグレーのプレミアムスエード素材であしらい、その上にKAWSを象徴するグラフィックを刺繍しています。サポートパーツ、足の甲、再度パネルもスエード素材に置き換え、ミッドソールもスエード加工が施されたクラフト感ある一足です。ヒールタブにジャンプマンではなくXXのイラストがあり、アウトソールのクリアタイプの中にもイラストが描かれています。

リーバイスコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Color Sole(@color_sole)がシェアした投稿


世界のデニムブランド、リーバイスとエアジョーダン4のコラボが2018年1月17日に世界で一斉販売されました。国内では5店舗限定販売だったことから、リーバイス直営店にスニーカーを買う人が押し寄せ、8,000人の列を作った話題作です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

USOS(@untied_shoes_online)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

USOS(@untied_shoes_online)がシェアした投稿


インディゴがファーストカラーとして発売されたあと、ブラックとホワイトがリリースされています。アッパー、ミッドソールがリーバイスのデニム生地で構築されており、アウトソールはガムソールを使用しています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

SAMURAI TOOLS(@samuraitools.official)がシェアした投稿


履き込むほどデニムの風合いが出て自分色に染まっていくため、経年変化を楽しめる一足です。

トラヴィス・スコットコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Deltitech Brands(@deltitech_us)がシェアした投稿


ヒップホップアーティストであり、レコードレーベル創設者のトラビス・スコットとエアジョーダン4がコラボしたモデルです。トラビス・スコットとナイキは多くのコラボ作を出しており、どれも即完売・二次流通市場で高値取引されています。エアジョーダン4とのコラボ作も大人気となっており、一瞬で完売しました。

アッパーを美しいスカイブルーで構築し、TPUパーツやサイドパーツ、ミッドーソールにブラックを使用。差し色のホワイトとレッドが絶妙なバランスを醸し出しており、左足のヒール部分にはトラビス・スコットが主宰する音楽レーベル「Cactus Jack Records(カクタス・ジャック・レコード)」のロゴが落とし込まれています。

UNION(ユニオン)コラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

(@koyofujita)がシェアした投稿


UNION(ユニオン)は、SUPREME(シュプリーム)の創設者JAMES JABBIA(ジェームズ・ジェビア)も立ち上げに協力し、1989年にニューヨーク・SOHOにオープンしたセレクトショップです。無名デザイナーのキャップやTシャツからSUPREME(シュプリーム)やSTUSSY(ステューシー)など当時勢いが出始めたブランドまでをセレクトし、瞬く間に人気となりました。

ストリート×ラグジュアリースタイルのパイオニアであり、当時からラフ・シモンズやコム・デ・ギャルソンなどのハイブランドを取り入れています。UNION(ユニオン)はエアジョーダン1と2018年にコラボしており、即完売・プレミア化しました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ZNEAKERSTREET(@zneakerstreet)がシェアした投稿


エアジョーダン4とユニオンのコラボは2020年と2021年にリリースされています。2020年には「OFF NOIR(オフ ノア)」と「GUAVA(グアバ)」のカラーリングが、2021年には「DESERT MOSS(デザート モス)」と「TAUPE HAZE(トープヘイズ)」の2カラーが発売されました。

プラスチックのウイングは半透明となっており、サイドにはイエローのUNION LAを表すタグがついています。UNIONオーナーのCHRIS GIBBS(クリス ギブス)の履き方に合わせ、シュータンは折り返された仕様です。ステッチパーツを外すことで通常のシュータンにもできるようになっています。


30年以上経った今なお輝きを増すエアジョーダン4

エアジョーダン4は、リリースから30年以上経過した今でも、その輝きを増す名作です。新しいカラーリングやコラボ作など時代の変化に合わせて常にアップデートされています。あなたもぜひ、エアジョーダン4を手にとってください。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBOKERBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ