ファッション

ナイキの歴史を大きく変えた名作、Air Max 1(エアマックス1)の特徴、人気作を徹底解説

Aventure編集部

エアマックス1は伝説的なデザイナー、Tinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)氏が手がけた名作です。発売当時、デザインの独創性やビジブルエアをはじめとする革新的なテクノロジーがスニーカー市場で圧倒的な人気を誇りました。今回はスニーカー界の歴史を変えた一足を解説していきます。


Air Max 1(エアマックス1)の誕生までのエピソード

Air Max 1(エアマックス1)は1987年にリリース後、瞬く間に世界中のストリートに広まり多くのスニーカーヘッズを魅了しました。スニーカー史を語る上で絶対に避けては通れない名作の誕生エピソードをここでは詳しく説明していきます。

エアクッショニングシステムは1978年に生まれていた

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

kang Bo(@snkrs4all)がシェアした投稿


ナイキのシューズには、ソールに空気を注入する技術がよく搭載されています。この技術が使われたのは1970年代後半です。エアクッショニングシステムと名付けられたこの技術は、航空宇宙エンジニアのフランク・ルディ氏によって開発されました。

1978年にリリースされた「エア テイルウィンド」に搭載されたのですが、踵に重心が乗った時にエアバッグの圧の逃げ場がないという問題点があったのです。革新的な技術だったものの、デザインや機能面での課題を残し、世界から一度消えることになります。

Tinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)氏がデザインを手がけ、1987年に誕生

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Jamie Paton(@jamiepaton5)がシェアした投稿


そこからおよそ10年後にエアクッショニングシステムが日の目を浴びることになるのです。ナイキが誇る天才デザイナー、Tinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)氏が、ソールのエアを外から見えるデザインにしたことでエアバッグの課題を解決しました。視覚的にも画期的なデザインだったことから、スニーカー市場で大成功を収めることになります。

ナイキ エアの革新さを誰よりも信じていたTinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)氏

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Menno Ijpelaar(@mendutch420)がシェアした投稿


Tinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)氏は、エアマックス1のビジブルエアの開発において、ナイキ エアの技術の素晴らしさや革新さを世界に伝えられるようなランニングシューズをデザインしようと考えていたそうです。年々大きくなっていくエアソールユニットを機能・デザインの両面で活かせる方法を考えていました。

ポンピドゥセンターにデザインのヒントを得た

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Jens Siewert(@jpix.eu)がシェアした投稿


その答えを、パリで見つけることになります。建物の共有部分が剥き出しになっているポンピドゥセンターを目にし、そのデザインに刺激を受けたそうです。そのインスピレーションをビジブルエアのコンセプトに昇華し、エアマックス1という形で表現しました。

ここで生まれたアイデアが、後にリリースされたエアハラチ・エアマックス ゼロの元になる

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Andreas Krisanto(@andre_wayang)がシェアした投稿


エアマックス1のデザインが完成するまでに、多くのコンセプトが生まれています。エアハラチや、29年の時を経て2015年にリリースされたエアマックス ゼロなどがその例です。そういったコンセプトはすぐに実現したわけではありません。当時の技術や素材ではコンセプトやアイデア通りのものは生産できませんでした。Tinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)氏の当時のアイデアは、時代を先取りしており、技術が追いついていなかったのです。

素材や技術と言ったさまざまな制約を受けましたが、その過程がエアマックス1という名作の誕生に繋がったのでしょう。


Air Max 1(エアマックス 1)の特徴

Tinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)氏のこだわりと当時の技術を詰め込んだエアマックス1。スニーカー市場で大成功を納めたエアマックス1の発売日はエアマックスデーとされており、毎年特別モデルが商品化されるほどです。世界を驚かせた一足の特徴についてここでは解説していきます。

可視化されたビジブルエア

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Tienda Zenok(@tiendazenok)がシェアした投稿


エアマックス1は、ソール内部に注入したエアを外から見えるようにした一足です。当時の開発面での問題をクリアしつつ、ナイキ エアの技術を世界に見える形で届けたTinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)氏のこだわりが詰まったデザインとなっています。

近年はソールのほぼ全てをビジブルエアにしたモデルもリリースされています。そのモデルと比較するビジブルエアは小ぶりに見えますが、このミニマルなデザインがエアマックス1が今でも人気を集める理由の一つです。

シンプルなデザインをしたアッパー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Nike Air Max Culture(@bubblekoppe)がシェアした投稿


アッパーはシンプルなデザインとなっています。初代エアマックス1では、レッドとホワイトのツートーンカラーで構成され、メッシュやスエードの生地を素材に使用。パリのポンピドゥセンターを彷彿とさせる配色が特徴的です。

両サイドのスウッシュやシュータンやヒール部分のナイキロゴが絶妙なバランスで配置されています。ミニマルなビジブルエアにシンプルなアッパーが、時代を変わっても愛され続ける魅力となっているのでしょう。

デザイン性、機能性を考慮したアウトソール

エアマックス1はランニングシューズとして発売されたものです。ハードなランニングにも耐えるために、アウトソールはつま先、前足部、中足部、ヒールの4つのパーツに分かれています。グリップ力や走りやすさが考慮されており、4つに分かれた各パーツの配色を変えることでデザイン面の魅力も増す仕様になっているのが特徴的です。

近年、アッパーにデザイン面での変化が

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Tommy Triggah(@tommy_triggah)がシェアした投稿


2021年にオランダのアムステルダム生まれのスニーカーブティック・Patta(パタ)やatmosとのコラボがリリースされ、全米No.1ラッパー・Travis Scott(トラビススコット)とのコラボリリースが予定されています。シンプルな構成だったアッパーのデザインが変化しており、エアマックス1の歴史に新たな1ページが刻まれているのです。


話題になったAir Max 1(エアマックス 1)

Sean Wotherspoon(ショーンウェザースプーン)、Patta(パタ)、atmos(アトモス)など多くのコラボ作も登場しているエアマックス1。ここでは多くのエアマックス1の中でも話題作を紹介していきます。ぜひお気に入りの一足を見つけてください。

Air Max 1 Cork NYC SOHO Exclusive

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Ivy – Kaviar Kicks(@kaviarkicks)がシェアした投稿


アメリカのニューヨーク SOHOで限定販売された一足です。アッパーが全てコルクできており、他のスニーカーにはない独特の雰囲気を醸し出しています。スニーカーという域を超え、アートとして部屋に飾りたい一足です。

Air Max 1 Atmos Elephant

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Philipp Kö(@koetschi)がシェアした投稿


atmos(アトモス)は、一般からマニア層にまで支持されるスニーカーセレクトショップです。NIKEなどのナショナルブランドとのコラボや限定品を発売するなど、東京のスニーカーカルチャーを世界に向けて発信しています。

今でこそ、NIKEやナショナルブランドと多くのコラボ作品を生み出しているatmosですが、NIKEと初めてコラボ作品を発表したのは、2003年です。NIKEとのコラボ作品発表は当時の日本では快挙とも言うべき出来事で、日本中のスニーカーヘッズたちを驚かせました。

そんなatmosが世界に評価されるキッカケとなったスニーカーが、「Air Max 1 Atmos Elephant」です。現atmosディレクターの小島奉文氏が当時若手ながらデザインを担当。着想を得たのは80年代に登場したキッズ用スニーカー「ナイキ ズー」のグラフィカルなシューズボックスでした。

動物館の檻をイメージして作られたヴィンテージシューズの箱を見て、「アニマル柄の素材を使ってファッショナブルなスニーカーを作ったら面白いのではないか」と感じたそうです。2005年から2006年の間に「アニマルパック」シリーズとして販売されました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Jermain de Bies(@soles_83)がシェアした投稿

Air Max 1 Atmos Elephantには、小島氏が学生時代からお気に入りだったエアジョーダン3にもよく使われている象の肌を模した「エレファントスキン」柄をアッパーに採用。ラスト(木型)もAir Max 1オリジナルと同じものを使用したことが大きな特徴です。実は発売当時、日本での売上は振るわなかったのですが、日本限定という立ち位置もあり、欧米のスニーカーヘッズたちを中心に世界中に人気が浸透していきます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

RUFproject(@rufproject)がシェアした投稿


そして2016年にナイキが開催した歴代エアマックスの人気投票企画でAir Max 1 Atmos Elephantが全世界のナイキファンから一位の票を集めました。復刻版が全世界で発売されatmosの国際的な認知が一気に高まったのです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Nicholas Riley(@epcleanwaterproject)がシェアした投稿

実はこのスニーカーにはもう一つ秘話があります。テニスの世界王者ロジャーフェデラー氏が「自分のテニスシューズにも同じ配色を使いたい」と小島氏にオファーをしたそうです。その結果「ナイキ コート ズームヴェイパーRF x エアジョーダン3」というモデルが誕生します。ロジャー・フェデラー氏はatmos新宿店にも足を運んでおり、お互いのAir Max 1 Atmos Elephantにサインをし合いました。その来日直後でロジャー・フェデラー氏は上海オープンで優勝。トロフィー授与時に小島氏のサイン入りのシューズを履いていたそうです。

Pattaコラボモデル

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Vincent(@vdb72)がシェアした投稿

Patta(パタ)は、理想のスニーカーブティックを求めた2人のデザイナーによって、オランダのアムステルダムで2004年に設立されたブランド&スニーカーブティックです。これまでにNIKE(ナイキ)とは、Airjordan 7(エアジョーダン 7)やAirmax 90/95(エアマックス 90/95)などをベースとしてコラボしています。Air Max 1とは2009年と2021年にコラボ。Patta設立5周年を記念した「Anniversary Green」から立て続けに「Anniversary Denim」「Cherywood」「Purple Denim」をリリースし、スニーカーヘッズたちを驚かせました。5周年記念コラボは50万円以上の高額で取引されているものもあるなど、かなりの人気を誇っています。

Air Max 1 Patta Purple Denim

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

RAFAELA(@rshoe_dshoe)がシェアした投稿

Air Max 1 Patta Anniversary Denim

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Air Max 1 Enthusiasts Page(@am1ent)がシェアした投稿

Air Max 1 Patta Lucky Green

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Air Max 1 Enthusiasts Page(@am1ent)がシェアした投稿

Air Max 1 Patta “Cherrywood”/h4>

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Chris Marshall(@_marshallahsram_)がシェアした投稿

Patta x Nike Air Max 1 “Monarch”

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

奇時代橘 / KICKSTAGE(@kickstage)がシェアした投稿

Patta x Nike Air Max 1 “noise Aqua”

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

SOCIALSOLE(@social.sole)がシェアした投稿

Air Max 1/97 Sean Wotherspoon

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Sean Wotherspoon(@sean_wotherspoon)がシェアした投稿


Sean Wotherspoon(ショーン・ウェザースプーン)は、アメリカのロサンゼルスとニューヨークにあるヴィンテージショップ「ROUND TWO」のオーナーです。SupremeやNike、Championなどの古着を多く扱っており、古着好きやスニーカーフリークたちが多く訪れています。

そんな彼が、Air Maxの誕生を祝うイベント「AIR MAX DAY」の2017年に開催されたイベント「VOTE FORWARD」で一般投票にて一位を獲得したスニーカーが「Air Max 1/97 Sean Wotherspoon」です。世界中のアーティスト、デザイナー、DJ、リテイラー12人が集まり、未来の「AIR MAX」をイメージしてスニーカーを制作しました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Sean Wotherspoon(@sean_wotherspoon)がシェアした投稿


Air Max 1/97 Sean Wotherspoonは、「Air Max 97」のアッパーに「Air Max 1」のソールを融合。80年代のナイキの帽子からインスパイアされたカラフルなコーデュロイ素材でアッパーを覆い、アウトソールも色合いを揃えることでポップな一足に仕上げました。シュータンにはNIKEのスウッシュに加えて、ウェーブのイラストの付け替え可能なパッチが付属しています。シューレースが4種類用意され、インソールには過去のキャンペーンで使われた「HAVE A NIKE DAY」からインスパイアされた口元が笑顔になったパッチが付けられるなど、細部に渡ってSean Wotherspoon(ショーン・ウェザースプーン)のスニーカーに対する愛情が込められた一足となっています。


伝説のデザイナーが手がけた伝説の一足を

伝説のデザイナー、Tinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)が当時のNIKEの革新的な技術、エアクッショニングシステムを世界に届けようと魂を込めてデザインした一足がAir Max 1(エアマックス 1)です。履き心地の良さはもちろん、デザインの秀逸さもスニーカーヘッズを虜にしています。この伝説の一足をあなたもぜひ履いてみてください。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBOKERBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ