ファッション

足元に彩りを加える一足。ニューバランス574の限定モデルを一挙公開

Aventure編集部

ニューバランスシューズのなかでも永遠の定番商品として親しまれている「574」。996に次ぐ人気シリーズとして世界中で愛されているロングセラースニーカーです。本記事ではニューバランス 574を徹底網羅してみました。ニューバランス 574の特徴から限定モデルまで詳しく紹介します。


ニューバランス 574とは

1906年にアメリカ・マサチューセッツ州のボストンで、ウィリアム・J・ライリーが創業したニューバランス社。「履いた人に新しい(new)、バランス(balance)感覚をもたらす」という意味から「ニューバランス」と名付けられました。

ニューバランス社は元々、偏平足などを直すための矯正靴を製造していました。運動生理学、整形外科の解剖学の専門的な知識をインプットし、矯正靴にこだわり抜いたアーチサポートインソールの製造を実現。ニューバランスの根強いファンを一気に獲得したのです。

1972年、ニューバランス社は転機を迎えます。当時は従業員6名と、小規模な会社だったニューバランス社を、現在の取締役会長でもあるジェームス・S・デービス氏が買い取ったのです。ジェームス氏自らが走り、足の負担を軽減するインステップレーシング機構が生まれました。

1970年代後半には「インステップレーシング機構」を落とし込んだニューバランス 320を販売。ニューバランス 320を履いたトム・フレミングが、1975年のニューヨークマラソンで優勝したことで、ニューバランスの名が世界に広まり始めたのです。機能的で軽快な走りを実現するニューバランスは、創業から100年以上経つ今もなお、多くの人に支持されています。

996に次ぐ人気シリーズ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

うの。(@uno29san)がシェアした投稿


ニューバランス574は、トレイルランニングのための靴として発売されました。クッション性の高いソール、スエードとメッシュ素材でアッパーを構築しており、高い通気性を感じられます。軽快な履き心地や手頃な価格が多くの人を魅了し、タウンユースとして履かれるようになったのです。

ニューバランス 574の使い勝手の良さは、アパレル業界にも広がり、発売から現在に至るまで、さまざまなセレクトブランドとコラボレーションもしています。「574」は、ニューバランスで最も高い人気を誇る「996」に次ぐシリーズとして、世代を問わず多くの人から支持されているスニーカーです。

ニューバランス576のDNAを引き継ぐシリーズ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

mita sneakers | ミタスニーカーズ(@mitasneakers)がシェアした投稿

ニューバランス574は1988年に発売された「576」の兄弟的な存在に位置しています。ニューバランスの500番代は、山道など、凸凹した道を走行するためのオフロード仕様になっています。ニューバランスの伝統でもあるアッパーデザインを受け継ぎ、見た目も「574」と「576」は、ほとんど違いがありません。

574はソールや価格に違いはあるものの、576のDNAを受け継ぐ製品といってもいいでしょう。


ニューバランス 574の特徴

オフロード仕様に開発された500番台シリーズの中でも、高い人気を誇る「ニューバランス 574」。高い機能性を兼ね揃えながら1万円前後で手に入るという、コストパフォーマンスの良さも、世界中の大人心をくすぐっていると言ってもいいかもしれません。そんなニューバランス574の特徴を詳しく紐解いていきます。

オフロード仕様のアウトソール

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

MARATHON – Tienda Deportiva(@marathonstore)がシェアした投稿

舗装されていない道を走るための靴として開発されたニューバランス574。凹凸のグリップ性に富んだアウトソールになっていて、深い溝が地面を掴みやすくしています。滑りやすい場所でも安心して履けるスニーカーです。さらに、かかと部のミッドソールにはニューバランスの独自技術「ENCAP(エンキャップ)」を搭載。EVE素材を使ったENCAP(エンキャップ)は、衝撃吸収に優れているため走行時でも高いクッション性を体感できます。

馴染みやすい素材

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Jill Young | YL ID: 17395309(@valor.vibes.only)がシェアした投稿

アッパー部分にはニューバランスの定番ともいえるスエードとメッシュを組み合わせた素材を使用しています。雨に強いスウェード素材は、履けば履くほど足に馴染みやすい点が特徴的です。足の甲、履き口、サイド、シュータンなど、皮膚に触れる部分にはメッシュ素材を使っているため通気性の良さを感じられるでしょう。

個性を生かすカラーバリエーション

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Heaven and Taevion’s mom(@mycavetalks)がシェアした投稿


574は、ニューバランスの定番カラーともいえるベーシックなグレー、ネイビー、ブラックを展開しています。さらにポップな色味もラインナップされており、ファッショナブルなカラーバリエーションが特徴的です。安価で手に入ることから定番カラーを選びつつ、パンチのあるカラーで個性を追求する楽しみ方ができるのも、ニューバランス574ならではの醍醐味といえるでしょう。

ニューバランス574に各シリーズの名作カラーを落とし込んだ限定カラーも

ニューバランス574は、歴代の名作モデルに起用された限定カラーを落とし込んだことで話題を集めました。ブランド屈指の名品として現在も語り継がれる、「1300」からインスピレーションを受けたグレー「ML574BA2」や、ランナー向けに開発され高い安定感のある「850」をもとにした、「ML574BF2」などを展開しています。ニューバランスの歴史を感じるカラーを復刻させたことで、根強いファンの心を魅了しました。


ニューバランス 574限定モデルとは

ニューバランス 574といっても、数多くの種類が販売されており、その特徴や機能性は異なります。ここではニューバランス 574限定モデルについて詳しく解説をします。

定番モデル「ML574」

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

CANON SHOES SALON(@canonshoessalon)がシェアした投稿

一般的にニューバランス574と呼ばれるモデルです。574シリーズの中でも最も人気が高く、アイコニックな大きめの「N」が特徴的。スウェード素材で作られた「ML574」は、ニューバランスらしい王道のデザインに仕上がっています。現代のテクノロジーを搭載させ、2018年1月に安定性やクッション性をアップデートさせました。

Nロゴを小さくし、主張を抑えた「MLP574」

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Masaki Hirakawa(@rhythm23)がシェアした投稿

2017年にリリースされた「MLP574」は、「ML574」とほとんど見た目や性能が同じで、あまり違いがありません。MLP574では、ニューバランスのアイコンでもあるNロゴが小さく施されています。デカNに少し抵抗があるユーザーに馴染みやすい一足といえるでしょう。「P」はプロトタイプを意味しており、576よりもロゴが小さく履き口が特徴的なことからモデル名に名付けられました。M576のソールユニットを採用するなど、細やかなディテールは、歴代名モデルからインスパイアされたシリーズです。

スポーツ向け「MS574」

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Nanabit(@nanabit_ch)がシェアした投稿

「MLP574」と同じ年に発売された「MS574」は、スポーツスタイルにアップグレードした一足です。クッション性に優れたFRESH FOAM(フレッシュフォーム)素材を搭載し、運動時の重心移動をスムーズで安定感ある履き心地を実現しています。さらにフィット感を追求したブーティー構造で軽快な履き心地を体感できます。

フィット感のある履き口はシンセティックレザーとメッシュを使って3色に仕上げ、スポーティなデザインが特徴的です。クラシックな574シリーズとは打って変わって、スポーツ仕様にアップデートされています。

アメリカ製「US574」

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

LoveYouMadly(@loveyoumadly3)がシェアした投稿

ニューバランス574のほとんどは、中国やベトナムの工場で作られたアジア製のものですが、「US574」はアメリカで製造されています。基本的にはML574と性能は変わらず、ミッドソールやスウェード・メッシュ素材などはほとんど同じ構造です。大きな違いはアメリカ製の証でもあるシュータンに配置された「US」という文字。日本では取り扱っている店舗も非常に少なく、公式サイトの掲載もありません。ニューバランスUS574は、日本では希少価値が高く手に入れるのは困難な製品です。


ニューバランス「574」と「576」の違い

「576」の兄弟モデルとして販売されているニューバランス574。比較的安価な価格で販売され、15,000円ほどで購入ができる一方で、576は30,000円以上もするハイエンドモデルです。溝の深いアウトソールや、ボリューム感あふれるフォルムが目を惹くデザインですが、見た目にはあまり違いがありません。それぞれのスニーカーにどんな違いがあるのでしょうか?ニューバランス「574」と「576」の違いについてまとめてみました。

生産国の違い

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

角出 拡之(@sumide)がシェアした投稿

ニューバランス574は、ベトナムや中国などアジア圏で大量に生産されており、コストパフォーマンスの高い製品になっています。一方で576は、アメリカとイギリスで一つずつハンドメイドによって作られており、価格が高く設定されています。また576はシュータンに「MADE IN USA」や「MADE IN ENGLAND」との記載がありますが、574にはありません。機能やクッション性に違いはなく、製造国により価格の差が生まれています。

シュータンの厚み

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

長島広輝(@nagashima322)がシェアした投稿

一目で分かるのはシュータンの厚みの違いです。ニューバランス574は少し薄めに設計されていますが、576は厚みがあります。実際に足を入れたときに感じる差はあるかもしれません。

ヒールのロゴ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Nanabit(@nanabit_ch)がシェアした投稿

ほとんどデザインが似ている2足ですが、ヒールのロゴを見てみるとそれぞれ違いがあります。ニューバランス574は、ロゴがプリントされており、ハッキリと目に移ります。576はリフレクター素材を埋め込んだり、ステッチでロゴを描いたりと細部のディテールにこだわりが感じられます。


ニューバランス 574の限定コラボ商品

ニューバランス 574は日本を代表するブランドやセレクトショップと数多くのコラボ作を展開しています。なかには期間限定販売されているものもあり、手に入りにくい商品も。定番カラーとあわせて、限定モデルを購入してみるのもいいかもしれません。

東京限定「BEAMS」とコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

BEAMS Men’s Casual Official(@beams_mens_casual)がシェアした投稿

アメリカで製造されたニューバランス576のホワイトからインスピレーションを受け、作られたのがBEAMS(ビームス)とコラボした一足。1997年に日本で復刻版が販売され、大きな反響を呼びました。アッパー部には東京限定 「Tokyo Limited Edition」と「NBロゴ」レザータグを付け、全体の素材にスムースレザーを使い、高級感のある一足になっています。スニーカーの持つカジュアルさを抑え、上品なコーディネートに合いやすいデザインです。

東京のストリートを再現「mita sneakers」(ミタ スニーカーズ)とコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

dai(@dai_break_43)がシェアした投稿

東京・上野のスニーカーショップmita sneakers(ミタ スニーカーズ)とコラボレーションした一足は、2000年代初期に東京のストリートで履かれていたイメージを再現したといわれています。2003年頃にアメリカ・ニューヨークで爆発的な人気を集めたカラーを纏い、雑誌掲載されたことで話題になりました。さらにタンや履き口は、ボリュームを出すために厚めに作られています。ニューバランスの定番素材でもあるスウェードとメッシュを使い、ノンストレスな574の履き心地を感じられます。

ニューヨークで人気のカラーを纏った「Billy’s」とコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

saikichiiii(@saikichiiii)がシェアした投稿

日本のセレクトショップBilly’s(ビリーズ)とコラボレーションしたスニーカーは2000年代初期に東京のストリートで履かれていたイメージをもとに作られています。シューレースを軽く締め、タンには伸縮性のあるガセットを追加。2003年頃にアメリカ・ニューヨークで流行ったカラーを配色し、日本には並行輸入で販売されました。

アクセントカラーが魅了「atmos」とコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

atmos_pink_official(@atmos_pink_official)がシェアした投稿

スニーカーを中心に販売する「atmos(アトモス)」とのコラボレーション作品は、ポップで目を惹くカラーが印象的な一足。ブラックベースにエチオピア国旗の配色、赤、黄色、緑を並べ「ラスタカラー」を再現しました。さらにタンや履き口のフォームを厚く設計しているのも特徴です。シューレースを軽く閉めてルーズに履けるようにブラッシュアップした伸縮性のあるガセットを追加しています。個性あふれる色彩は、ストリートファッションとの相性が抜群です。

吉祥寺の有名セレクトショップ「The Apartment」とコラボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

小牟田玲央奈(@reonakaiwai)がシェアした投稿

東京・吉祥寺に構える「The Apartment(ジ・アパートメント)」とコラボレーションした一足はタウンユースにも使えるランニングシューズです。レトロなマスタードカラーが印象的で、「HEINZ(ハインツ)」のボトルを模したタグを付けるなど、大人の遊び心が詰まった一足に仕上がっています。
ニューバランスの定番でもあるスウェードをメインに起用し、シュータンや甲には、通気性を向上させるメッシュを採用。「The Apartment(ジ・アパートメント)」らしい、機能性のあるスペシャルなニューバランス574を作り上げました。

KITH × DSM × NB。注目のトリプルコラボ「574S」

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

richie–> (philadelphia, usa)(@newbalance365)がシェアした投稿

スニーカー界を圧巻する「KITH(キス)」とパリ発祥の高級ブランド「ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET )」とトリプルコラボしたニューバランス574は、ストリートでクラシカルな一足。クッション性と軽量性を追求し、ブーティー構造でフィット感を高めたストレスフリーなスニーカーです。プレミアム感のあるヌバックレザーを採用し、左右のインソールに「Dover Street Market」「Ronnie Fieg」のロゴが施されている貴重な一足に仕上げています。


限定コラボとカラーを楽しむニューバランス574

機能性を追求し、なおかつファッショナブルなニューバランス574は、定番アイテムにふさわしいスニーカーです。ベーシックなカラーが人気なニューバランスですが、ニューバランス574の限定モデルや、遊び心のあるコラボレーションスニーカーで、こだわりの一足を見つけるのもいいかもしれません。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBOKERBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ