ファッション

世界の歴史と歩むLeeヴィンテージの魅力。見分け方も徹底解説

Aventure編集部

アメリカが誇るジーンズブランド「Lee」は、日本でも若者から中高年まで幅広く支持されています。創業は1889年。130年以上の歴史を誇り、現在でも名モデルが語り継がれています。本記事では、Leeヴィンテージの見分け方や名作について紹介します。


Leeとは

1889年、アメリカ合衆国の中西部にあるカンザス州で創業した「Lee(リー)」。当時、創業者のヘンリー・デイビッド・リー氏は、食品の卸業者としての業務を中心に行っていました。やがてデニムで作られたワークパンツ「ダンガリーズ」を仕入れ、オーバーオールなどファッションアイテムを制作します。食品業者からファッション界へと進出した「Lee(リー)」は、ワークウエアの人気に乗っかり、好調な売れ行きをみせました。

しかしワークウエアが人気の一方で、、開拓地でもあるカンザス州では入荷配送の遅れが多発。そこで「Lee(リー)」は、ジーンズメーカーとして本格的に始動します。1911年には自社の工場で生産を始めました。ジーンズメーカーとして確立してから2年。1913年には、アメリカ陸軍のオフィシャルユニフォームに「ユニオン・オール」と呼ばれる「Lee(リー)」の「つなぎ」が起用され一気に名を広めました。

その後、13oz(オンス)という程よい厚みの生地で仕立てられた「Lee COWBOY(リー・カウボーイ)」が多くの人を魅了したのです。「Lee COWBOY(リー・カウボーイ)」は、現在「Lee RIDERS(リーライダース)」として継承されています。徐々に世界でも「Lee(リー)」の認知度は高まり、1970年に日本に上陸。現代では、メンズのみならずレディースパンツとしても若者の人気を集めています。

世界で初めてジッパーを採用

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ファッションオヤジ(@fashionoyaji)がシェアした投稿

Lee(リー)といえば、「ジッパー・フライ」を生み出したメーカーとして有名です。1926年にボトムスやジッパー部分を隠す比翼「ジッパー・フライ」を生み出しました。現在「ジッパー・フライ」はLee(リー)以外にも採用され、ほとんどのデニムに用いられています。

縦落ちを作る「左綾デニム」

他にはない色落ちを楽しめるのもLee(リー)の魅力の一つ。一般的なデニムは綾目が右上がりに入る”右綾”で仕立てられていますが、Lee(リー)のデニムは”左綾”で編み込まれています。素材の生地に使われている糸を左方向に撚る「Z撚り」にし、撚りの方向と同じ左綾で折り込みました。他にはない織り方をすることで、糸が縮まりやすく綾目が際立つようになるのです。左綾デニムを穿き続けるとアタリがはっきりと現れ、縦落ちができLee(リー)ならではの色落ちを体感できます。

映画「理由なき抵抗」で世界的な人気に

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

安藤 圭一(@k.ando1009)がシェアした投稿

Lee(リー)の名を世界に広めたのは、一つのハリウッド映画でした。1955年に公開したジェームズ・ディーン氏主演の「理由なき抵抗」で、Lee(リー)のデニムが着用されたのです。当時、若者の間で大変な人気を集めた「理由なき抵抗」は、日本でも翌年に上映されます。世界的な注目を集めるなか、映画の宣伝ポスターでジェームズ氏がLee(リー)のデニムを穿いたことでブランドの名が世界中に広まったのです。

Leeを代表するモデル

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Lee 101(@lee101official)がシェアした投稿

デニム業界の中で名門中の名門ともいえるLee(リー)。ベーシックなストレートデニムの「101」シリーズはLee(リー)の定番商品です。「理由なき抵抗」でジェームズ・ディーン氏が着用し、注目を集めました。また、「203」もLee(リー)を代表するモデルの一つ。「101」とは違い、膝から下が絞られたテーパードシルエットになっており、ゆったりとした穿き心地が体感できます。


Lee ヴィンテージの見分け方

創業から130年以上の歴史を持つLee(リー)。ヴィンテージものを集めたい人も多いでしょう。当時製造された商品かどうかはタグを確認すれば一目瞭然です。そこで、Lee(リー)ヴィンテージの見分け方をまとめてみました。トップスとデニム、それぞれの見分け方を解説していきます。

トップスの見分け方

トップスの年代を見分ける上でのポイントはタグです。タグのデザインが特徴的なため、これから紹介する年代別の違いを知ることで見分けることができます。1930年代から70年代までのものを紹介します。

30年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AGING PERCENT STORE(@aging_percent)がシェアした投稿

1930年代、Lee(リー)のなかでも初期に製造されたタグは全体的にシンプルなデザイン。小文字の「e」が微妙に斜めに記載されています。

40年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

LeeLoo(@leeloo_tokyo)がシェアした投稿

30年代のタグと同様、小文字の「e」が微妙に斜めに記載されています。タグにはロットナンバーやサイズも表記されひとまとめになっているのが特徴的です。

50年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@ichi233がシェアした投稿

1950年代からは、斜めに記載されていた小文字の「e」も水平表記に変わりました。タグ内にはロットナンバーやサイズが細かく記されています。

50~60年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

VOSTOK Vintage Clothing(@vostok_1jp)がシェアした投稿

映画「理由なき抵抗」でLee(リー)にとって転機となった時代。「Lee」の文字が太く大きく表示され存在感のあるタグになりました。当時、Lee(リー)では、さまざまな素材を使用しており、生地の種類も記載されています。

60年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

K.M(@gripper_zipper)がシェアした投稿

50年代後半からは、さらにタグ内の情報量が増え「Lee」の文字に「®」または「MR」マークが表記され、登録商標が主張されています。

70年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

MAGNOLIA(@magnolia_magfacture)がシェアした投稿

1970年代には、タグの色が大きく変わり黒タグが主流になりました。従来の製品は小文字の「e」で表記していましたが、全て大文字で「LEE」と記載される製品も増えています。一方で、シャツ製品は文字がオレンジ色のタグが多く見られるのもこの時代の特徴といえるかもしれません。

デニムの見分け方

トップスと同じく、デニムもタグの表記を確認することで年代を判別できます。ここでは1940年代から80年代のアイテムの見分け方を紹介していきます。

40年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

The Cat And The Cobra(@thecatandthecobra)がシェアした投稿

黒地に黄色文字で「Lee」と記載されています。1940年代のタグにはロットナンバーの記載はなくシンプルな表記が特徴的です。

49~50年代

Lee(リー)を代表するモデル101-Jは、1949年にデザイン特許を取得しました。そのためロットナンバーとサイズが赤い文字で記載され、情報量も多くなっています。「UNIONMADE」、「SANFORIZED」の書体も斜めになり、タグの変化を感じます。

50年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

illminate(@illminate)がシェアした投稿

大まかなタグのデザインは変わりませんが、ロットナンバーとサイズ表記が黄色になり、まとまりのあるデザインになりました。

50~60年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Adiey2223(@adiey_vintage_store)がシェアした投稿

従来の製品では、四角形だったタグのデザインが三角に変更。配色も2パターンに分かれ、前半は黄色・赤字タイプ、後半に製造された商品は黄色・白字になります。マニアのなかでは黄色・白字の三角タグのことを「三角黒タグ」と呼んでいます。

60~70年代

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Vintageart(@vintageart1980)がシェアした投稿

一度三角タグになったものの、再び四角形のタグに戻ります。「MADE IN USA」と商標登録の®(レジスター)マークが記載されますが、初期の製品には印字されていません。60年代後半からは胸ポケットのフラップ部分にピスネームタグがつきます。

70年代

1970年代には商標登録マークの隣に「M.R.」と記載されます。ピスネームにも「M.R.」が表記されますが70年代の中間期は、ピスネームかタグとちらかにしか表示がされません。

80年代

1980年代になると最近のデザインに近いタグになり「SANFORIZED」の文字が無くなりました。1987年には商品開発・販売をエドウィンに依頼したため「EDWIN」の表記が入ります。また「MADE IN USA」の表記もなくなりました。


Lee ヴィンテージの人気モデル

アメリカのカウボーイ文化からインスパイアされたLee(リー)のヴィンテージは、希少価値が高い製品が多くコレクターに大変人気です。ここではLee(リー)ヴィンテージの人気モデルを紹介します。

Lee 91-J

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Pop Life Cafe(@pop_life_cafe)がシェアした投稿

初代のLeeモデルの特徴を捉えた91-Jは、伝統的な一着。左胸内側に1ポケット、ジェルトデニムにホワイトステッチがありバータックでポケットの取り付けを強化しています。さらに台襟と一体化したチンストラップと右胸のポケットにストラップがついており、ヴィンテージらしいディティールに仕上がっているのも魅力です。1930年に販売されたモデルは、チンストラップとポケットフラップは廃止されており、年代によって違いがある点もファンを惹きつけています。

Lee 101z

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

OSAKA GINGA(@ginga.14.way_of_life)がシェアした投稿

Lee(リー)を代表するモデル 101zは、太すぎず細すぎないレギュラーストレートのデニム。Lee(リー)の原点ともいえる定番のシルエットです。股上が深めにとられており、ゆとりがあります。バックポケットが比較的に外側にポケットが付いており、緩やかなレイジーSが印象的です。

Lee 101RIDERS B

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

katsuya sugano(@katsuya715)がシェアした投稿

Leeのボタンフライデニムを代表する101RIDERS Bは、直線的で外側に上がり気味のステッチが特徴的なデニムです。レザーパッチには「Lee」と大きく印字されておりブランドを印象付けます。また、旧式の織機で作られ、デニム生地の端に「耳」と呼ばれる部分とほつれ止めが施されている片耳セルビッチも時代を感じるディティールです。

Lee 11W

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

FAKE Official Instagram(@fakealpha)がシェアした投稿

Lee 11Wは、画家やペンキ職人が作業をする際に着用していたペインターパンツとして、作業がしやすいようにライトオンス生地を使用しています。ペインターパンツらしい太めのシルエットでポケットの中央には横一直線のステッチが描かれているのが特徴です。股上が深めに作られており、フライ部のボタンは4つ付けられています。

Lee オーバーオール ハウスタグ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Kiyotaka(@uminchuuminchi)がシェアした投稿

タグに家の形のようなデザインが施された「ハウスタグ」シリーズ。タグの「e」は斜めに印字され、ロゴが浮き彫りになったドーナッツボタン仕様になっています。生地は1925年にLee(リー)が開発した強度が高いジェルトデニムを採用。さらにサイドシームとインシームともに三本平行したトリプルステッチで仕立てられており、オーバーオールならではの耐久性を感じます。


Lee アーカイブスの種類

アメリカ産業の近代化と服飾文化の貢献をしたLee(リー)。創業者のヘンリー・デイヴィッド・リーが事業を始めて以来、100年以上の歴史を築き、多くの人に愛されてきました。現在はヴィンテージウェアとして歴史上の名モデルを再復刻させ「Lee(リー)アーカイブス」として販売しています。

WWⅡ 大戦モデル

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

NEXUSVII.(@nexusvii.official)がシェアした投稿

「WWⅡ 大戦モデル」は、「WWⅡ 101J COWBOY JACKET(カウボーイジャケット)」と「WWⅡ 101 COWBOY PANTS(カウボーイパンツ)」の2種類展開されています。第二次世界大戦の物資統制されていた1940年代の特殊なディティールにこだわってアーカイブしました。当時、戦時中のアメリカでは物質が不足していたため“月桂樹ボタン”が推奨されていたのです。そこでCOWBOY刻印ボタンから汎用月桂樹ボタンに変更します。ステッチもトリプルからダブルへ変わり、胸ポケットも縫製しやすい丸みのあるフォルムになりました。

101B 1944

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Tatsuya Shimada(@tatsuya_smd)がシェアした投稿

1944年、第二次世界大戦の真っ只中、Lee(リー)はアメリカ陸軍へ25,000着の作業着を納入していました。より幅広い人達に手にとってもらうように”COWBOY”から”RIDERS”へと刷新します。このLee(リー)の変遷は、「戦時中でも強いアメリカは健在している」という人々へのメッセージでした。

Lee(リー)の代名詞ともいえる左綾デニムは、当時では大変珍しく多くの人を驚かせたのです。カウボーイの激しい動きを柔軟に行いストレスのない穿き心地は、ジーンズに穿きなれない都会人からも高く評価されました。一方でCOWBOYの刻印入りトップボタンやクロッチリヴェットなど時代を感じるデティールも残されており、新時代と戦前への融合した一着に仕上がっています。

1948y 101B Lee RIDERS

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

funa(@carassicat)がシェアした投稿

1945年に第二次世界大戦が終結し、アメリカの町は瞬く間に息を吹き返しました。そんななか誕生した101B Lee RIDERSは、大戦中に物資統制のため省かれていたヒップラベルが施されステッチは全てイエローになりました。ボタンフライのボタン部には全てRIDERSの文字が刻まれています。膝から裾にかけてまっすぐと伸びた近代的なスタイルは、フルカットシルエットと呼ばれており、よりスタイリッシュな風貌を印象付けてくれるでしょう。

1940s 11-W PAINTER PANTS

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

HARTLEY(@hartley046)がシェアした投稿

フロント部をボタンフライに採用し、すべてカンヌキ留めを取り入れたデティールが特徴の「11W」は、Lee(リー)が展開する「191Z」と似たデザインの商品。小型のプライヤーやドライバー、メジャーなどを収納できるルーラーポケットが付いており、スムーズな作業ができます。ホームビルドやガレージワークなどのDIYをするユーザーにとっては、嬉しいディティールで、多くのワーカーから寵愛を受けました。


ヴィンテージで辿るLeeの歴史

カウボーイのために考え抜かれたデニムは、やがて時代を超えワークパンツからファッショナブルなアイテムへと変化を遂げてきました。Lee(リー)ならではのディティールは、時代のシンボライズかもしれません。ぜひ世界の歴史とともにLee(リー)のヴィンテージを辿ってみてください。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBOKERBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ