ファッション

世界を震撼させたNike Off-whiteの魅力とは?人気モデルも一挙公開

Aventure編集部

世界で最も注目されるコラボレーション「Nike Off-white」。コレクションを発表する度に予約が殺到し、一部のユーザーしか購入できないほど希少価値が高いです。なぜこんなにも人気があるのか、Nike Off-whiteの魅力についてまとめてみました。


世界に大きな影響を与えたNike Off-whiteとは

アメリカトップのスポーツブランド「Nike(ナイキ)」と、ラグジュアリーストリートファッション「Off-White(オフホワイト)」が手掛けるアイテムは、世界中が注目する話題のコラボレーション作品です。

10足のスニーカーとタッグを組んだ「The Ten(ザ・テン)」は、「物事を明らかにする=リーヴィリング(REVEALING)」と、「目に見えない=ゴースティング(GHOSTING)」の2つのテーマで表現されており、今までにないデザインを生み出しました。トゥの部分を裏返し、本来なら見えない箇所が見えるデザインやアッパー部は透明な素材を使うなど、今までにない発想で世界中を驚かせたのです。

2つのテーマをもとに作られたシューズの製作期間は短く、約10カ月という時間で作られました。多くの人を魅了した「The Ten(ザ・テン)」は、残念ながら2014年に終了してしまいます。しかし「Off-White(オフホワイト)」はNike(ナイキ)とその後もコラボレーションを続け、今なお高い人気を誇っています。次なるコラボレーションはいつかと、世界中のファンが見守っているのです。

世界トップクラスのデザイナー・ヴァージル・アブロー

「Off-White(オフホワイト)」を手掛けるのは、世界トップクラスのデザイナー、ヴァージル・アブローです。実はヴァージル・アブローは、建築学科出身。建築学科で知識を学び、その後のインターンで後に世界一のラッパーでもあるカニエ・ウェスト氏と知り合います。出会った当時からすでにカニエ氏は、ヴァージル氏に光るものを感じたそうです。彼の才能を信じ2002年、自身のツアーでアパレルグッズやアルバムのカバーデザイン、ステージ設計を依頼しました。そして2012年、カニエ氏の右腕として彼が始めたクリエイティブエージェンシー「DONDA(ドンダ)」のディレクターとして着任します。

ヴァージル・アブローの大きな転機となったのは、2012年にスタートした動画プロジェクト「Pylex Vision(パイレックスヴィジョン)」でした。モデルが動画内で着用している洋服には、イタリアの名画家・カラヴァッジョの絵画をプリント。さらに伝説的NBAプレイヤーであるマイケルジョーダンと同じ「23」のナンバリングを背面にプリントし、話題を呼びました。そんな中「Pylex Vision(パイレックスヴィジョン)」に目を付けたのはフランスの伝説的セレクトショップ「コレット」のディレクター、サラ・アンデルマンです。ヴァージル氏とすぐにコンタクトを取り、「Pylex Vision(パイレックスヴィジョン)」が、コレットの一部ブランドとして扱われるようになりました。伝説的なセレクトショップとのコラボレーションで、ヴァージル氏は一躍有名になったのです。アパレル業界で一世風靡をし、2014年の春にOff-White(オフホワイト)を誕生させました。

建築からインスパイアされた高いデザイン性

Off-White(オフホワイト)の魅力は、ヴァージル氏の持つ、グラフィカルなデザイン性にありました。建築学科出身のヴァージル氏は、ブランドのロゴ「White」のロゴをデザインとして確立させるなどの工夫を施し、奥行きのある力強い作品を完成させます。さらに世界最大級の家具量販店「IKEA(イケア)」ともコラボレーションを実現させました。実はIKEA(イケア)とのコラボレーションは、ヴァージル氏が電話営業をして叶ったものだそうです。アーキテクチャな発想とファッショナブルな要素を兼ね揃えた作品は、ヴァージル氏にしか生み出せないのかもしれません。

「オニツカタイガー」と共同開発からスタートした「Nike」

アメリカ・オレゴン州で誕生したスポーツブランド「Nike(ナイキ)」。当時は「ブルーリボンスポーツ」という名で設立されました。ブランドを立ち上げたのはスタンフォード大学の学生だったフィル・ナイト(Philip Knight)と、オレゴン大学の陸上部でコーチを行っていたビル・バウワーマン(Bill Bowerman)です。

ブランド創業前から、日本を代表するスポーツシューズメーカー「オニツカタイガー」と共同開発をし、「タイガー コルテッツ」をデザイン。しかし度重なる輸送や発注トラブルによりオニツカタイガーとの取引は中止になってしまいました。そこで日本のカンパニー「アサヒ」で、トレーニングシューズの開発をスタート。ブランド名として使っていた「Nike(ナイキ)」を会社名に変更し、正式にブランドが始動します。ナイキのアイコンでもある「スウッシュ」は、フィルの生徒Carolyn Davidson(キャロライン・デビッドソン)がデザインをしました。フィルは当時、会計学の講師をしており、ロゴのデザインを依頼したと言われています。

世界的にNike(ナイキ)が注目されたのは1978年の「エア」の発表でした。ミッドソールに設置し衝撃吸収をする「エア」を搭載した「エアフォース・ワン」は、アメリカのバスケットボール業界のなかで瞬く間に人気になります。さらにマイケル・ジョーダン(Michael Jordan)とコラボした「エア・ジョーダン」は、旋風を巻き起こしました。

「スウッシュ」マークのスニーカーが発売

Nike(ナイキ)といえば、スウッシュマークが印象的。実はギリシャ神話に登場する勝利の女神「ニーケ」が翼を広げているように見えるとのことで、ブランド名が「Nike(ナイキ)」に変更されたのです。1980〜90年代には、スニーカーブームとアメリカのバスケットボールの熱が重なり、スウッシュマークが描かれたNike(ナイキ)のスニーカーが世界へと広まりました。

社会現象にもなったエアジョーダン

Nike(ナイキ)といえば、誰しもが知っているスニーカー「エアジョーダン」ではないでしょうか?1985年に伝説的NBAプレーヤー、マイケル・ジョーダン氏のために開発された「エアジョーダン 1」。エアクッション技術を搭載しNBA・シカゴブルズのチームカラーでもある赤・白・黒の3色であしらわれ世界中で話題になりました。当時のNBAのユニフォーム規則では、白以外のシューズは認められていませんでした。しかしNike(ナイキ)は規約を逆手に取り、マイケル・ジョーダンに着用させます。「NBAがこのシューズの着用を認めなくても、諸君の着用を止めることはできない」という反骨精神を表に出し、罰金を払い続けてもマイケル・ジョーダンに履いてもらったのです。

マイケル・ジョーダンの勢いは止まらずNBAでトップクラスの得点数を決め、バスケットボール業界のスーパースターとなりました。マイケル・ジョーダンの活躍によりエアジョーダンは瞬く間に人気を集めます。国境を超え、日本でも爆発的な人気を誇り、高額で取引されるなど社会現象にもなりました。


Nike Off-whiteの魅力

革新的な技術で高い機能性を魅せるNike(ナイキ)と、独創性あふれるデザインを持つOff-White(オフホワイト)。世界中の期待が集まるコラボレーション商品「Nike Off-white(ナイキオフホワイト)」に。多くの人が魅了されています。ここではNike Off-white(ナイキオフホワイト)に、どんな秘密があるのかを詳しく解説をします。

スニーカーヘッズに衝撃を与えたThe Ten


Nike Off-white(オフホワイトナイキ)が世界的に注目されるきっかけとなったのは、2017年のファーストコレクション「The Ten(ザ・テン)」でした。スニーカー界の帝王と、最も旬なブランドOff-White(オフホワイト)のコラボレーションでは、名前の通り10足の人気モデルをベースとし物事を明らかにする=リーヴィリング(REVEALING)」と、「目に見えない=ゴースティング(GHOSTING)」の2つで表現をしています。

コンセプトを前面に押し出すためにアイコン「スウッシュマーク」の位置や大きさを変えるなど、今までにない新たな発想でNike(ナイキ)スニーカーを生み出しました。オリジナルモデルへのリスペクトを保ちつつ遊び心のあるスニーカーを再構築し、2年にわたって各モデルの新色を不定期にリリース。発売する度に世の中のスニーカーヘッズの胸を高鳴らせました。しかし多くのファンに惜しまれつつも「The Ten(ザ・テン)」のコレクションは終結を迎えたのです。衝撃を与えたNike Off-white(ナイキオフホワイト)は、コレクション終了後も不定期にコラボレーションモデルを発表し、次のモデルは今か今かとファンは待ち続けています。

名モデルの復活


Nike Off-white(ナイキオフホワイト)が最初に発表したのは2017年11月。世界の注目を集めた理由はスニーカーの販売方法でした。朝7時、7時30分、8時と30分おきに全9モデルを発表したのです。さらに通常モデルでもプレミア価格にもなるエアジョーダン1とコラボレーションをし、世間はNike Off-white(ナイキオフホワイト)に釘付けになりました。エアジョーダンは人気のシカゴカラーをはじめ、2018年にはオールホワイト、6月には鮮やかなライトブルーのUNCカラーがリリースされ名モデルを次々とアップデートしています。

ナイキの魅力を引き出すディテール


Nike Off-white(ナイキオフホワイト)が愛され続ける理由は、ヴァージル氏の手掛けるデザイン性にあります。コラボレーションスニーカーが販売され始めた頃、ファッション界では再構築ブームが訪れていました。ヨーロッパをはじめ、さまざまな国で再構築アイテムを発表し、注目を集めたのです。Nike Off-white(ナイキオフホワイト)は、スウッシュマークの一部を切り取ってオレンジステッチを貼り付けたようなディティールを盛り込み、新しいエアジョーダン1を発表しました。今までのNike(ナイキ)にヴァージル氏のアイデアを掛け合わせ、存在感のある新たなNike(ナイキ)ブランドの魅力を引き出したのです。

世界中のセレブが愛用


Nike Off-white(ナイキオフホワイト)は、世界的に有名なセレブが履いていることでも有名です。例えばハイトーンボイスとして日本でも人気を集めるマルーン5のボーカル、アダム・レヴィーンは、大のスニーカー好き。そんなスニーカーヘッズのアダムは、Nike Off-white(ナイキオフホワイト)をコンサートでも愛用しています。また、R&Bを代表するシンガーソングライター、リアーナもシャネルのジャケットにNike Off-white(オフホワイトナイキ)のスニーカーを合わせるなど、ハイセンスなコーディネートを披露しています。

アパレルアイテムも販売


実は、Nike Off-white(ナイキオフホワイト)ではスニーカー以外にアパレルアイテムも展開しています。超入手困難と言われるNike Off-white(ナイキオフホワイト)のコラボレーションTシャツは、Off-Whiteのロゴとスウッシュマークが描かれたスペシャルな一着。シンプルでカジュアルなのにスタイリッシュなスタイリングが叶うデザインです。


Nike Off-white人気のコラボレーション商品

ここでは世界が注目し続けるOff-White(オフホワイト)とNike(ナイキ)のコラボレーションアイテムNike Off-white(オフホワイトナイキ)の人気商品をご紹介します。

Air presto

「Air Presto(エアープレスト)」は、2000年に発売されたミニマルで軽量感のあるNike(ナイキ)のスニーカーです。スタイリッシュなシルエットが印象的で、アッパー部にはメッシュ素材を採用し、爽快感をプラス。ホワイトベースに赤の「Nike」ロゴが映えたシンプルなデザインになっています。ヒールストラップに印字された「Air」がアクセントになり、Nike(ナイキ)らしさを全面に打ち出したデザインです。

Air Max 90

1990年に発売した「Air Max 90」をベースにOff-White(オフホワイト)とコラボレーションした一足。アッパーやNike(ナイキ)の象徴でもあるスウッシュマークは、切り貼りしたようなステッチが特徴的です。「Air Max 90」のビジブルエアウィンドウは、そのままにしてヴァージル氏のデティールを盛り込んだ一足に仕上がっています。

Blazer Mid

Nike(ナイキ)初のバスケットボールシューズ「Blazer(ブレーザー)」とコラボしたスニーカーは、ヒールにまでかかる大きなスウッシュマークが目を惹くデザイン。内側のクォーターにはテキストプリントがされており、Off-White(オフホワイト)らしさが出ています。

Vapormax

エアシリーズの集大成として誕生した「Vapormax(ヴァイパーマックス)」。シンプルなデザインが印象的なVapormax(ヴァイパーマックス)は、Off-White(オフホワイト)とのコラボレーションにより。ファッショナブルな仕上がりになりました。ユニークなスウッシュマークに一体型のシュータンでシューレースなしでも履ける最新型の一足です。

React Hyperdunk

2008年にHyper Dunk(ハイパーダンク)に最新テクノロジーを搭載した「React Hyperdunk(リアクトハイパーダンク)」は、ヴァージル氏の手によってさらにアップグレードされました。ソールには「FOAM」が印字されており、クリアのベルトをアッパーに盛り込むなど、The Ten(ザ・テン)限定のデティールが詰め込まれています。

Air Max 97

クッション性能を向上するためのビジブル・エアが搭載されている「Air Max97」。アッパーには半透明素材を使い、サイドからヒールにかけての曲線が美しく表現されています。カラーバリエーションも豊富で海外限定版もリリースされ、The Ten(ザ・テン)のなかでも高い人気を誇るモデルです。

Zoom Fly

厚めのソールで重厚感があるスニーカーは、ランナーのために作られたモデル「Zoom Fly(ズームフライ)」です。せりあがったトゥで快適な履き心地が体感できます。アッパーをクリアにし、スウッシュマークにオレンジタグを施すなど爽やかな一足に仕上がっています。

Air Force 1

Nike(ナイキ)スニーカーのなかでも高い人気を誇る「Air Force 1(エアフォース1)」。1982年に登場して以来、根強いファンが多いモデルですが、The TenではOff-White(オフホワイト)の魅力が詰め込まれています。クリアなスウッシュマークにスエード素材とミックスされたアッパーは、独特な雰囲気を生み出しています。サイドにはエアフォース1が発売された年を印字しプレミアム感がプラスされています。


Nike Off-whiteで足元にラグジュアリー感をプラス

ヴァージル氏がNike(ナイキ)と手掛けるNike Off-White(ナイキオフホワイト)は、スニーカーヘッズが必ず一足は手にする名作です。ラグジュアリーでどこか洗練された雰囲気を持つコラボレーションにこれからも注目が集まるでしょう。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBOKERBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ