ファッション

英国が誇るcrockett & jones。ジェームズボンドも足を通したあの一足。

Aventure編集部

かの、チャールズ皇太子が愛したシューズとして知られるイギリス王室御用達のcrockett & jones。007の映画に起用されるなど、英国が誇る最高峰のブランドは、なぜここまで世界のトップを走り続けられるのでしょうか。本記事ではcrockett & jonesの迫りくる魅力について解説します。


紳士が惚れ込むcrockett & jonesとは

イギリスの紳士革靴ブランドとして今もなお、世界中のユーザーに愛されているcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)。140年以上の歴史を刻むなか、10年以上履き続けられる高い品質とクラシカルな佇まいが多くの男性を虜にしてきました。ここではcrockett & jonesの魅力について解説します。

創業

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Crockett & Jones(@crockettandjones_official)がシェアした投稿


1879年、義兄弟関係にあるジェームズ・クロケット氏とチャールズ・ジョーンズ氏の2人によって設立されたcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)。crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)は、イギリスの最高級靴の聖地とも呼ばれているノーザンブトンにて創業しました。

1924年には、当時のイギリス国王でもあるジョージ6世であるヨーク公が見学に訪れるなど、高い技術がイギリス国内で認められていました。crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)は、創業当時から熟練職人の技術により一足ずつ仕上げています。

その丁寧さとクォリティーの高さから第2次世界大戦中は、イギリス政府の支持により軍靴の製造まで手掛けていました。現在ではイギリス紳士靴の代名詞とも呼べるブランドとしてトップに君臨していますが、以前までは他社の名義やブランドの製品を製造するOEMメーカーとして「ジョージ・クレバリー」や「ジョン・ロブ・パリス」の商品を作っていたのです。しかし長い歴史と確かな実績を積み重ねたことによって、受注生産をする独自ブランドとして確立していきました。

1990年には、英国の企業に授与される公式の賞としては最高峰と言われるクイーンズアワードを受賞し、イギリスへの貢献を評価されています。そして7年後には主要都市ロンドンのジャーミン・ストリートに初めてのショップをオープン。紳士靴を製造販売する独自ブランドとしてcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)は、世界に羽ばたいていきました。

1万靴を超える軍靴を製作

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Crockett & Jones(@crockettandjones_official)がシェアした投稿


創業から11年、crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の工場は、1990年にはノーサンプトンの北部に工場を移転。靴産業の本拠地として知られており、家畜市場が盛んに行われていました。

革靴の製造に欠かせない牛革の供給も豊富にあり、革靴を作るには最適だったのです。そのためcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)は、アメリカ独立戦争ではブーツを提供するなど、社会貢献に努めます。1924年のヨーク公の訪問により、第二次世界大戦中には政府の支持のもと1万足を超える軍靴を製造したのです。

高級靴のトップを目指す

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Crockett & Jones(@crockettandjones_official)がシェアした投稿


さまざまな名ブランドのOEMメーカーとして、経験を積んできたcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)。当時の堅実な仕事ぶりは、革靴の製作にも表れていました。crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)は、グッドイヤーウェルト製法で革靴を製造しています。

グッドイヤーウェルト製法とは、アッパーにリブといわれる連結パーツを縫い付け、さらにリブとソールを縫合する手法で、多くの高級品ブランドが採用しています。さらにcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)は、革に上記を当てて木型に馴染ませる工程を行う専用のスチームルームを作りました。

そして微細な傷も見落とさないために、靴の祭壇作業は自然光が差し込みやすい北側の窓で作業をするなど、丁寧な靴づくりにこだわっています。高い技術に加え、細やかな配慮が高級靴のトップへと導いたのかもしれません。

イギリス王室も認める

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

WindsorKnot植村(@windsorknot1999)がシェアした投稿

古くからイギリスへの貢献に尽力を注ぐcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)。2013年にチャールズ皇太子によりプロモーションツアーで、次世代への製造業の魅力を伝える企業に選出されました。さらに2014年4月には、王室御用達の称号”ロイヤルワラント”を贈与されています。トラディショナルで丁寧な仕事ぶりは、イギリス王室も認めるほどまで昇りつめました。

ジェームズ・ボンドも着用

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

maruko(@since1991_maruko)がシェアした投稿


イギリスの諜報部員がモデルとなった007、すなわちジェームズ・ボンドがcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)のシューズを着用することでも話題になりました。これまでの007は、Church’s(チャーチ)の革靴がお決まりでしたが、記憶にも新しいダニエル・グレィグの代表作「スカイフォール」と「スペクター」では、crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の革靴を起用しています。

イギリスを代表するブランドだけではなく、高い耐久性や実用性も改めて世界に再認識させられた瞬間だったのです。


crockett & jonesの魅力

1世紀以上も続く名門ブランドcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の革靴は、ビジネスマンならだれしもが憧れる存在ではないでしょうか?そこでcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の魅力についてまとめてみました。

妥協をしない製造方法

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@take.it.easy.7がシェアした投稿


1879年の創業当初から変わらぬ製法を貫き通してきたcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)は、世界最高峰のグッドイヤーウェルト製法を採用しています。世界で選び抜かれた最高級のレザーを使用し熟練職人の手によって生み出される革靴は、一足、8~10週間もの時間をかけ作られます。それは、crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の丁寧な靴づくりにありました。

革新的な技術により多くの革靴メーカーは、機械を使っての製造に切り替えました。一方でcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)は、伝統的な靴づくりはそのままで、履けば履くほどに馴染む革靴を手作業で製造しています。crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の現在の取締役社長でもあるジョナサン・ジョーンズ氏(Jonathan Jones)は、受け継がれた伝統的な技術と時代のニーズを取り入れ「10年以上愛用しても常に良いと言われ続ける靴を作る」とアピールし、妥協を許さない一足を守り続けています。

バリエーション豊富な木型

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Chett(@chett_shoes)がシェアした投稿

イギリスという国境を超えて、世界でもcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)が愛される秘密は、バリエーション豊富な木型といってもいいかもしれません。

革靴というのは木型に革を被せて靴の形に形成されます。靴のデザインや機能性を決定づける要素として、とても重要な役割がある木型は、靴の原型でもあり優れた知識を持たないと多くの種類を生み出すことはできません。200種類以上もあるラストのなかでも、「バリラスト」は、crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)を代表する木型で、最高峰のフィット感を得られると話題を呼びました。

200パーツから作る革靴

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Preowned High End Men’s Shoes(@shoesofdistinction)がシェアした投稿


最高峰のグッドイヤーウェルト製法を用いたcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の靴は、アッパーレザー、レザーライニング、ウェルトをすくい縫いし、ミッドソールにコルクを詰めるなどといった小さな部品を繋ぎ合わせて行います。

そしてそのパーツは1足200個にものぼるといわれているのです。機械を用いることもありますが、実際には職人の手によって安定感のある革靴を生み出しているのです。

2つのコレクションで構成

crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の革靴は、「メインコレクション」「ハンドグレードコレクション」の、2つのコレクションにより構成されています。

メインコレクション

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Chett(@chett_shoes)がシェアした投稿


豊富なデザインとカラーバリエーションが光るメインコレクションは、グッドイヤーウェルト製法を用いた、バランスのある革靴が特徴的なcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)のベーシックなコレクションです。ドレスシューズをはじめ、ブーツやローファーなどさまざまなシーンで活躍する革靴を揃えています。

ハンドグレードコレクション

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Takeru(@tkr.md)がシェアした投稿


ベーシックなメインコレクションに、さらにひと手間を加えたのがcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の「ハンドグレードコレクション」。高級感のある革を採用したアッパーは、足全体を包み込むような優しい履き心地を体感できます。さらに、一度アウトソールを起こして溝をつけた上でステッチをかけるといった、ヒドゥンチャネル仕上げを行っています。

熟練職人の技術をふんだんに搭載し、クラシカルでより立体感のあるアップグレードした革靴といってもいいでしょう。


crockett & jonesの人気モデル

豊富なラストを持つcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の革靴は、日本人の足にも合いやすく履き続けることで、より深みのあるモダンな一足に仕上がります。ここではcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の人気モデルを紹介します。

オードリー3

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

k.o(@k.o19780425)がシェアした投稿


crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の提案モデルでもあるオードリーに、改良したラスト「#367」を搭載した一足。上質な革とヒドゥンチャネル仕上げのソールは、ハンドグレードコレクションならではの存在感です。セミスクエアのトゥは、流行に左右されずクラシックな足元を演出してくれるでしょう。

モールトン

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@honchaaaaaaanがシェアした投稿


モールトンは、crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)を代表するモデルですがイギリスの老舗靴ブランド「ジョン・ロブ」のOEM時代に「バロス」と呼ばれたUチップが起源といわれています。ビジネスマンからの支持が強く、ラバーを用いたリッジウェイソールを採用しているため、外回りの歩行がしやすいと評判です

チャートシー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Koji(@koji32716)がシェアした投稿


crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)のなかでも60年以上愛されるモデルで、トゥにボリュームを持たせたシルエットが目を惹く一足。カジュアルな装いにあわせやすいチャッカブーツは、crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)で2種類存在し、ラグジュアリーでドレスアップなシーンを求めるユーザーに選ばれ続けています。

ボストン2

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Shoeshine.ohira(@shoeshine.ohira)がシェアした投稿


丸みのあるコインローファーをベースに「#376」の木型を採用したボストン2は、crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の不屈の名作とも呼ばれています。トラディショナルなツイストステッチに加え、従来のボストンよりもヒールカップが小ぶりになり、現代らしさを感じる一足です。

キャンベンディッシュ3

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

kob@0728(@koba_____8)がシェアした投稿


幅広でありつつも厚みを抑えたシルエットが印象的なキャンベンディッシュは、世界でも最高峰と呼ばれるタッセルローファーの一つです。従来のコインローファーと比較すると細身でドレッシーな輝きを放ち、ビジネススタイルはもちろん、デニムスタイルに品格をプラスしてくれます。

マルヴァーン

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Toshiaki Kosaka(@toshiakikosaka)がシェアした投稿


ドレスシューズとしても活躍する「マルヴァーン」は、crockett & jones(クロケット&ジョーンズ)のシングルモンクモデル。スタンダードなラストをベースに全体はシャープなシルエットになっています。安定感のあるエッグトゥは、どんなスタイルにもマッチングしやすくカジュアルからドレッシーなスタイルまで幅広く活用できます。


最高級靴で日々を彩る

140年も続く歴史のなかで、多くの人の目に留まり歴史を渡り歩いてきたcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)。イギリス王室御用達ともなる名ブランドシューズを、日々の日常に加えるだけで、特別な1日に感じられるかもしれません。伝統的なcrockett & jones(クロケット&ジョーンズ)の一足を、ぜひ手に取ってみて下さい。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ