ファッション

スマートで機能的な絶対的1着。グラミチショーツの秘密を紐解く

Aventure編集部

夏になるとメンズ達が揃って穿くパンツ、グラミチ。カジュアルでどこかスマートなグラミチショーツは夏の定番アイテムとも呼ばれ、高い機能性がファンの心を捉えています。本記事ではグラミチショーツの魅力や機能性について網羅してみました。


ストーンマスターが生んだ「グラミチ」

ロッククライマーが愛するブランド「グラミチ」。アウトドアの情熱の象徴でもある「ランニングマン」が印象的なブランドです。カジュアルウエアの代表でもあり、なおかつ高いファッション性から男女問わず愛されています。

満足のいくウエアを求める過程で生まれたブランド

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

GRAMICCI JAPAN / グラミチ公式(@gramicci_jp)がシェアした投稿


1982年、アメリカ・カリフォルニア州の小さな倉庫でマイク・グラハムの手によりグラミチの歴史がスタートします。マイクは1970年代に、カリフォルニア州ヨセミテのロッククライミングを牽引してきたロッククライマーです。アメリカでは「ストーンマスター」と呼ばれるほどの腕前でした。

マイクは、当時のクライミングウエアでは満足がいかず、より機能的な一枚を追い求めていたのです。独自の手法でウエアの制作に着手して生まれたのがグラミチの代名詞「グラミチショーツ」でした。グラミチショーツは、高い機能性を持ちつつもクライマーの動きにとって重要な下半身の可動域の制限を無くし、180°開脚を可能にします。さらに環境に配慮したヘンプやオーガニックコットン、リサイクル素材を採用。環境問題に前向きに取り組む姿勢と、今までにない機能性からアメリカ国内を超え、日本でも多くの人を魅了しているのです。

伝説のクライマー集団出身

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

miral(@miral_____)がシェアした投稿


グラミチの創業者、マイク氏は数々の登攀ルートを開拓していった命知らずのクライマー集団「THE STONE MASTERS(ザ・ストーン・マスターズ)」のメンバーとしても活躍していました。「THE STONE MASTERS(ザ・ストーン・マスターズ)」は、並外れたクライミング技術を持ちながらも、血気盛んかつ強烈な個性を持つことで知られており、ロッククライミング界では「伝説の集団」と呼ばれていたのです。「

THE STONE MASTERS(ザ・ストーン・マスターズ)」のなかでも、マイク氏は一目置かれる存在でした。自由と本質を愛し抜き、奇抜なファッションで数々の岩壁を超える伝説の集団は、カリフォルニア州・ヨセミテでフリークライミングという新たなスタイルのクライミングカルチャーを確立します。さらにクライミングウエアの追求によりギアを制作。クライミング仲間の要望に応えて数々の製品を生み出します。やがてビジネスとして軌道に乗り、「グラミチ」というブランドを立ち上げたのです。今もなお変わらぬ製品を作り続けているグラミチは、アメリカのロッククライミングの猛者達に支えられながら成功したブランドといってもいいかもしれません。

パタゴニアの創始者と手掛ける

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ガラパ(@galapa.book)がシェアした投稿


1970年代後半、マイク氏は、崖に吊るす携帯用簡易テント「ポータレッジ」や、ハンドメイドのギアを製造します。さらに、180°の開脚を可能としたガセットクロッチや、一方の手が塞がっていても片手で調整ができるウェビングベルト&イージーウェストなどグラミチショーツのデティールは、クライマーのみならず多くの人を虜にしてきました。

しかし、なぜマイク氏は当時の技術でここまで機能性の高いパンツを作り上げることに成功したのでしょうか?そこには、同じ時代を生きる天才ロッククライマー、イヴォン・シュイナードの助けがあったのです。実は、アメリカ発のアウトドアブランド「パタゴニア」の創始者でもあるシュイナード氏は、マイク氏の器用な手先にほれ込み自社製品の制作を依頼します。シュイナード氏のブランドアイテムを生み出しながらも、グラミチのアトリエの機能は成長し、いつしか縫製工場にまで拡大しました。つまり、頭の中で描いていたアイデアを具現化する環境が整っていたため、商品の開発に成功したのです。

タウンユースとして定着

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Takumi Ikeda(@t_k_p_h)がシェアした投稿


ハードスポーツのクライミングという環境のために開発されつつも、今となってはメンズが愛する代表的なショートパンツとしても親しまれているグラミチ。タウンユースとして愛される秘密は、着脱がしやすく快適な穿き心地にありました。スポーツのみならず、さまざまなシーンを想定した上で素材を選定。さらにそれぞれのスタイルにあったシルエットで新たな世界観を生み出します。なおかつカラーバリエーションの豊富さと高いデザイン性が世界中の人を魅了し、街中でグラミチが穿かれるようになったのです。


グラミチショーツの魅力

クライミング由来のグラミチショーツ。頑丈な構造に、動きを制限しないガゼットクロッチといったデティールは、グラミチショーツの発表当時には随分と話題になったそうです。ここではそんな画期的な機能を搭載したグラミチの魅力に迫ります。

180°開脚できるガゼットクロッチ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

/ ブランチ(@branch1997)がシェアした投稿


グラミチショーツのメイン機能ともいえる「ガゼットクロッチ」は、下半身の開脚を180°まで実現した自慢のデティール。高い耐久性を持ち、柔らかな肌ざわりも体感できるコットンツイル生地を採用し、股下にマチを入れることで実現しました。この発想は1970年代にカンフー旋風の中心となった、ブルース・リーの影響だと彼は話します。どんな方向に動作をしても生地が突っ張ることなく、自然な開脚を可能にしているため、クライマーはもちろん、ランニング時の足の運びや、自転車の走行時にも便利です。さらにショーツの構造に加え、生地にはストレッチ性があることからハードなアクティビティにも対応しています。

着脱のしやすいウェビングベルト

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Leeルクア大阪店(@lee_lucua_osaka)がシェアした投稿


グラミチショーツの第二の特徴ともいえる「ウェビングベルト」は、フィット感を片手で自在に調整ができるデティールを指します。アクティブなスポーツに挑戦するにはパンツのズレを防がなくてはいけません。しかし、クライミング時には調整が難しいのが現状でした。そこでマイク氏は、デイバッグのストラップにインスパイアされ、ワンタッチ着脱ができたりウエストのサイズ調整が行えるウェビングベルトを考案。ショーツの脱ぎ穿きを簡単に行いつつ、着用時のストレスも軽減します。現在では、グラミチショーツの「ウェビングベルト」にインスピレーションを受けたパンツが多く販売されており、アクティブなシーンに向けたパンツに搭載されています。

ファッショナブルなデザイン性

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

mr_vibes(@mr_vibes_cl)がシェアした投稿


スポーツの枠を超え、タウンユースとしても人気の高いグラミチショーツ。その決定的な要素はファッショナブルなデザイン性かもしれません。オーソドックスなカラーリングをはじめ、カモ柄やボタニカル柄、バンダナ柄といった多彩なデザインが男心を擽り、無地のTシャツに合わせるだけでも、華やかなコーディネートに仕上がります。同じモデルでも、つい、コレクションしたくなってしまう気持ちを掻き立てられるのでしょう。


グラミチショーツの人気モデル

グラミチの創業から50年。今もなお多くの人に愛され続けているグラミチのショーツはアクティブなシーンだけではなく、日々のファッションにも多くの人が取り入れている名モデルです。人気のグラミチショーツのモデルを紹介します。

Gショーツ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

白須コータ/Kota Shirasu(@kohta_dresswelllogic)がシェアした投稿


身幅にゆとりをもたせ、リラックスなシルエットが印象的なGショーツは、グラミチの定番中の定番モデル。コットン100%で製造されているため、柔らかな穿き心地を体感できます。クライミング由来のパンツらしく、安全を確保するために身体にくくりつけるロープ「ザイル」を傷つけないようにフロントジップを排除しています。さらに2018年には、従来のモデルの特徴でもあった片側バックポケットが両サイドに施され、アップデートしました。ベージュやブラック、ネイビーといった定番色に加え、鮮やかな色合いも展開されており、グラミチ初心者も挑戦しやすいラインナップです。

NNショーツ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

上西 猛夫/TAKEO UENISHI(@comoda_akashi)がシェアした投稿


グラミチショーツのなかでもスマートな印象を持つ「NNショーツ(ニューナロー)」。細身なフォルムで全体的にスリムな形状に仕上がっています。タイトで運動時には怪訝なイメージがありますが、伸縮性のあるコットンを使いストレッチ性を確保。Gショーツとは違いタウンユース向けに作られているため、フロントジップも搭載しています。品行方正なルックスを持つことから、カジュアルなスタイリング以外にも革靴とも相性が良く、大人カッコイイファッションを作り上げてくれるでしょう。

STショーツ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

suplex 福岡県福岡市早良区西新5-6-27(@suplex_fukuoka)がシェアした投稿


GショーツでもないNNショーツでもない、グラミチの絶妙なシルエットを持つ「STショーツ」は、細すぎず太すぎないためグラミチの大人気商品です。グラミチショーツでお馴染みのディテール、ガゼットクロッチやウェビングベルトを搭載し、アクティブなシーンでも活用できます。2018年の登場から右肩上がりの売れ行きを見せており、Gショーツと並ぶほど人気が高い商品です。

シェルギアショーツ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ココチヤ(@cocochiya_ist)がシェアした投稿


シェルギアショーツは塩素に対応したプール着用可能のグラミチショーツの一つ。100%ナイロン素材で製造されており、高い耐久性を持ちます。さらにサラっとした肌心地はもちろん、パンツ全体が軽量なため、まさに水陸両用のパンツといえるでしょう。パンツにはカラビナやキーチェーン、大きなポケットが付いているので、入水時も物を紛失する心配がありません。もちろん、ガゼットクロッチやウェビングベルトも搭載し、機能性の高さも感じられる一着です。

マウンテンショーツ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

SORA東京ソラマチ店(@sora_solamachi)がシェアした投稿


グラミチの定番モデル「Gショーツ」を現代風にアレンジしたパンツ「マウンテンショーツ」。1サイズ上のパンツを着用したようなビッグシルエットで、リラックス感あふれるコーディネートに仕上がります。さらにフロントには大きなファティーグポケットが縫製されているため、ポケットから物を落とす心配もありません。ウェザーストレッチ素材を採用し、春夏でも快適な穿き心地が得られる一着といえるでしょう。


グラミチならではの機能性を体感

アウトドアの最骨頂ブランド「グラミチ」が生み出した革新的な技術は、クライマーだけではなく多くのアパレルメーカーも驚かせたものです。快適でストレスのない穿き心地を確実のものとし、なおかつファッション性の高さも追求したハイスペックパンツは、グラミチ以外には見つからないかもしれません。ぜひ一度、グラミチショーツに足を通し機能性の高さを体感してみてください。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBOKERBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ