ファッション

歴史が落とし込まれたスニーカー。グッチライトンを紐解く。

Aventure編集部

世界のセレブリティが愛用する名ブランドグッチ。カバンや財布などの革製品のみならずグッチのライトンスニーカーも大変人気です。グッチブランドの歴史を纏い生み出された一足一足は他にはないスニーカーといってもいいでしょう。本記事ではグッチライトンスニーカーを徹底解説します。


グッチとは

エレガンスでどこか気品があり、ダブルGのモノグラムとしても世界中のユーザーが憧れるブランド「グッチ」。創業者のグッチオ・グッチは、1881年にイタリアのフィレンツェに生まれました。グッチ氏がイギリスに渡ったのは17歳のこと。ロンドンのなかでも最高級クラスとされる「サヴォイ・ホテル」の皿洗いとして働くも早々に出世をし、レストランフロアーを任されます。業務をこなしながら、貴族の立ち振る舞いを目の前で学び、セレブリティへの持ち物や思考回路への関心が高まったそうです。

1901年には一度フィレンツェに帰り、第一次世界大戦の徴兵として出兵します。終戦した1919年には高級革製品「フランツィ」にて勤務。2年の勤務を経て、わずか2年で独立し、1922年には「グッチ」ブランドがスタートします。創業当時は、イギリスからの革製品の輸入と、そのリペアを主に行っていました。やがて自社でカバンや靴、ベルトなどの製品を製造します。グッチお馴染みのダブルGのモノグラムは品質保証の証としてグッチ氏のイニシャルを刻印したそうです。デザイナーの名入り商品の販売は世界で初めてのことでした。

「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」をコンセプトに掲げ、持ち手に竹を用いたバンブーと呼ばれるカバンなど、次々とヒット商品を販売します。グッチカラーの緑と赤は、馬具の腹帯からインスピレーションを受けたと言われています。1938年には新たな店舗をオープンさせるなど、グッチの事業は好調でした。第二次世界大戦の物資不足時には、革製品の販売を中止し、コーティングしたキャンパス地のカバンを販売し、思わぬ反響を呼んだのです。

映画の小道具に採用

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

村住千加子(むらずみピアノ教室)(@chikako_murazumi)がシェアした投稿

今ではセレブリティ御用達のブランドとして知られているグッチですが、映画界の仕事をしていた息子が小道具に使用したことがきっかけでした。女性俳優のなかで瞬く間に人気を集め、エリザベス・テーラー、オードリー・ヘップバーン、ジャクリーヌ・ケネディといったセレブリティが注目し始めたのです。数々の偉業を成し遂げたグッチ氏も1953年に生涯の幕をおろします。

2人の息子の活躍

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@gucciがシェアした投稿

グッチ氏とともにグッチブランドを支えていたのは2人の息子でした。6人の子供を持つグッチ氏でしたが、なかでも三男のアルド・グッチや五男のルドルフォ・グッチは、グッチブランドの経営に加わるなど、経営に意欲的な姿勢を見せていたのです。アルド氏は、積極的に海外進出をし、徹底したブランディングを手掛けます。映画俳優への夢を諦めたルドルフォ氏は、兄を手伝います。互いに意見がぶつかりつつも、ニューヨークをはじめ。ローマやパリに進出。そして数々のセレブリティが顧客になりブランド創業以来の黄金期を迎えたのです。

グッチオ氏の死後、事業は2人の息子に引き継がれました。アルド氏はダブルGのモノグラムを盛り込んだローファーを開発するなど、父と肩を並べるほどのデザインセンスを持っていました。一方でルドルフォ氏は、映画俳優を目指していた頃のパイプを使い、世界的に有名な女優にグッチを持たせ、知名度やブランドを高めていました。

親族の争い

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

yumi(@s.9361.a)がシェアした投稿

グッチオ氏の死後、アルド氏とルドルフォ氏は50%ずつ株を所持します。2人の手によってブランドを守ってきたグッチは1972年についに日本へ進出します。しかし、五男のルドルフォ氏が亡くなってしまいます。そこで一人息子でもあるマウリツィオが株を相続することになったのです。アルド氏は3人の息子はジョルジョ・グッチ、パオロ・グッチ、ロベルト・グッチに3.3%ずつ株を譲渡。その代わりとして、ブランド経営に参加をさせます。しかし、同時に一族の争いがスタートしたのです。父に内緒で次男のパオロは、自分の名を使いセカンドラインの販売を計画。しかし、グッチブランドの名に傷をつくことを恐れ父のアルドはパオロを追放します。

一方でルドルフォ氏の一人息子、マウリツィオ氏は絶世の美女とも言われるパトリツィアと結婚します。パトリツィアは、社長夫人の野望を持っていたため、会社を追放されたパオロの3.3%の株を狙っていたのです。そして、パオロとマウリツィオに手を組ませ過半数の株式を手中に収め、アルドを社長から解任するクーデターを引き起こしました。無事にマウリツィオ氏は社長へ就任。と、思いきやアルド氏はマウリツィオ氏に対し裁判を起こしたのです。マウリツィオ氏は社長から追放。さらに会社を追放されたパオロもアルドを脱税の容疑で告発。親族の争いは抜けることない泥沼へ発展していきました。

1988年、マウリツィオ氏が再び社長へと就任。彼の就任後、ロベルトとパオロは株を売却。1993年にはマウリツィオ氏までもが株を手放しグッチブランドから一族は離れることになりました。

突然の射殺

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

toSea(@marinesphia)がシェアした投稿

親族が全員ブランドから撤退したことで、親族争いが終結したと思われるグッチですが、マウリツィオは2年後、何者かに射殺されてしまいます。犯人不明のまま時は流れ、事件は迷宮入りかと思われましたが、数年後、妻のパトリツィアが逮捕されます。殺害した動機は、マウリツィオに抱いていた怒りや自身の豪華な暮らしを守るためと、さまざまな憶測が飛んでいますが、今も明確なことはわかりません。

トム・フォードの存在

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

glass大須(@glass_osu)がシェアした投稿

親族争いや、マウリツィオ氏の射殺など、多くのスキャンダルを生んでしまったグッチブランド。一時は名声を失いブランドも低迷してしまいました。しかし、そんなグッチを立て直したのが現在でもファッション業界の最前線で活躍するトム・フォード氏だったのです。フォード氏は、ファッショナブル路線へと切り替え、新たなグッチスタイルを確立。フォード氏が手掛けるアイテムは飛ぶように売れ、再びグッチブランドは息を吹き返したのです。


グッチライトンの魅力

数々の名アイテムを歴史とともに生み出してきたグッチブランド。グッチはカバンやお財布だけではなくスニーカーも人気の商品です。グッチを代表するスニーカー「エース」「ウルトラペース」に続き「ライトン」も注目のライン。そこで、グッチ「ライトン」の魅力についてまとめてみました。

個性的なデザイン性

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

(@bibostore2018)がシェアした投稿

グッチのスニーカーといえば、一目でグッチブランドだとわかるグリーンとレッドのシグネチャーカラーが印象的。コーディネートのアクセントにもなる一方で、ラグジュアリーで洗練されたクリームカラーをベースに起用するなど、他のブランドにはない個性的なデザインを展開しています。底が厚めに設計され、サイドには蜂の刺繍が施されていたり、「GUCCI」のロゴが印字されていたりとグッチブランドのセンスが光ります。また、アッパー全体にダブルGのモノグラムを施し、コーディネートに高級感を持たせてくれるスニーカーも人気です。

レトロなダッドスニーカー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

BAO(@louisbao_)がシェアした投稿

グッチ「ライトオン」は、1980年代にインスパイアされたボリューミーでレトロなビジュアルのダッドスニーカーです。「おじさんっぽい」というイメージが持たれがちなダッドスニーカーもグッチの手にかかれば、クラシカルな一足に早変わり。細やかなディテールを詰め込み、ラグジュアリーさを感じさせる、他にはないダッドスニーカーといってもいいかもしれません。


グッチライトンスニーカーの人気モデル

グッチスニーカーのなかでもジェンダーレスで人気の高いライトンシリーズ。独創的なデザインに加え、グッチらしいポップでキャッチーなデザインをみせつつも、どこか儚くレトロ感を纏う一面も見せるスニーカーです。ここではグッチライトンスニーカーの人気モデルを紹介していきます。

レザースニーカー498916 A9L00 9522

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

JackKeogh | Outfits + Sneakers(@playjackthesky)がシェアした投稿

2018年のクルーズコレクションで発表されたライトン。ヴィンテージ加工を施したクリーム色のアイボリーレザーが、レトロな雰囲気を演出してくれます。バックソールにはグッチ―のロゴを、浮き出しのエンボス加工と反対に、用紙の表面の文字や絵柄を凹ませて陰影をつける「デボス加工」で仕上げました。

ライトン643491 2H060 9088

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

satoru(@balanceftboy)がシェアした投稿

厚みのあるソールでまさに「ダッドスニーカー」を印象付ける上記のライトンは、グッチのシグネチャーカラー、赤と緑、そしてスタイリッシュさをプラスしたホワイトで構成されています。オーバーサイズのソールとチャンキーな構造が印象的で、アッパーには通気性の良いメッシュを採用。アウトソールは、星マークとグッチのロゴがが施されており細やかなディテールが嬉しい一足です。

25付メンズスニーカー663339 2SH00 9522

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@gucciがシェアした投稿

開発から2年もの歳月をかけて生まれたグッチの独自素材「デメトラ」。柔らかい品質と耐久力があり環境に配慮した非動物性由来のサスティナブル素材です。そんなグッチ最先端のデメトラを用い、しなやかなテクスチャーを再現。高級レザーに施されたなめし加工で弾力性もアップしています。大きく印字された「25」がコーディネートのアクセントになること間違いなしでしょう。

GG メンズ スニーカー ‎619891 99WF0 4370

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

DE RODE LOPER SCHOENEN(@derodeloper)がシェアした投稿

自身のスタイルを新たに打ち出すため、さまざまな要素をミックスしたスニーカーはチャンキーなコンストラクションが特徴です。GGマークをアッパー全体に施し、2色のカラーを使うことでコントラストを再現。さらにレザーとリフレクティブ素材を使い、光の反射にも対応したスニーカーとなっています。レトロかつポップなライトンスニーカーは、2色展開しています。

GGメンズスニーカー ‎692909 UIQ20 1060

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Nathan Idais(@nathanidais)がシェアした投稿

GGパターンの定番ラインGGスプリームキャンバスより、ブルーとベージュを使ったカラーリングで登場したライトン。何十年の時を経ても名コレクションと呼ばれるキャンバス素材を用い、グッチらしいトラディショナルさを演出しています。ヒール部は、ブラックベースのレザーを採用することで、重厚感をプラス。ダッドスニーカーでありつつも、どこか気品のある一足です。

GUCCI ロゴ レザー528892 DRW00 9522

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AGN_Importados(@agn_importados)がシェアした投稿

1980年代のプリントにインスピレーションを受けたグッチのヴィンテージロゴが施されたライトン。アイボリーレザーを起用し、レトロでクラシックな雰囲気を纏わせつつ、ゴールドに輝くGUCCIロゴがラグジュアリーさを追求しています。

1921 GUCCI 684896 DRW00 9522

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

SĂN ĐỒ HIỆU (since 2015)(@sandohieu_)がシェアした投稿

ライトンの持つレトロなシルエットにアイボリーレザーを採用し、よりクラシカルさをプラスしたスニーカーは、縦に伸びたGUCCIロゴが目を惹く商品です。アッパーに「1921」とともにプリントされた「GUCCI」ロゴは、ブランド創設100周年を記念して印字されました。ブラントアイボリーのコントラストが光る、人気のライトンスニーカーです。


グッチの歴史を再現したライトンスニーカー

カジュアルなイメージが強いスニーカーですが、グッチが手掛けるライトンスニーカーは、クラシックでまるでアクセサリーのような雰囲気を纏います。素材一つひとつにグッチが作り上げてきた歴史を感じられるのも、グッチのスニーカーならではの魅力かもしれません。ぜひ、一度グッチライトンスニーカーを手に取ってみて下さい。

RELATED STORY

関連記事

ファッション一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントAC/DCACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBack in BlackBBBOKERBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFIELD SUITE SPA HEADQUARTERSFOMCFRBFXGibsonGOOGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanLet It BleedM&Ama-1MMTNevermindNFTNight PassageNirvanaNiteflyteNOVABLAST 2OvationSACDSHURESLY & The Family StoneSonic YouthSOTOSPACTechinicsTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Rolling StonesThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottWeather ReportWTAPSYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税へラグス2ものづくり補助金アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウィグロウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエルメスエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググランベルクグリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェラフシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニーソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバークリバーバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベルガンスベンチャー投資ペトロマックスホットサンドホテルボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモンベルモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリバースモーゲージリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレイヤーレコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債倒産防止共済債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債外食太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行暴動未上場企業株価株式株式投資毎日減量期為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債競馬筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ補助金象印資産活用資産管理会社資産運用車中泊転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り銘柄研究鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度馬主駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ