キャンプ

コールマンの名作「ツーリングドーム」は隙のない傑作だった

Aventure編集部

コールマンのツーリングドームは、初心者や熟練のキャンパー問わず、多くの人に支持されています。設営の簡単さや居心地のよさ、コストパフォーマンスのよさが主な特徴で、YouTuberとして活躍するヒロシさんも愛用している商品です。今回はブランドの歴史からツーリングテントの特徴まで、コールマン ツーリングドームの魅力を解説します。


日本にキャンプ文化を根付かせたコールマン

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

イレクターズ(@erectors_op)がシェアした投稿


コールマンは日本でもよく知られているアメリカ生まれのアウトドア用品総合メーカーです。1976年に日本に進出し、50年近く様々なアウトドアアイテムを提供してきました。コストパーフォマンスのよさやメンテナンスなどのフォローの充実さから多くの人に支持されており、日本のアウトドア文化に大きな影響を与えたブランドです。コールマンの歴史や魅力について解説します。

1900年頃に創業された「家族」「仲間」「自然」が触れ合えるブランド

コールマンは2021年で創業120年を迎えます。多くの製品を生み出してきたブランドですが、元々はランプのレンタル会社として始まりました。当時、弱視に悩んでいたウィリアム・コフィン・コールマンが1901年にマントル式のランプの専売特許を取得したことでコールマンブランドはスタートしたのです。

まだ芯を用いる旧式ランプが照明の主流だった19世紀末において、ガソリンを用いるマントル式のランプの明るさは、アメリカの人々の生活を一変させるほどのものでした。エジソンが白熱電球を開発したことで、都市部では電球照明が主流となっていましたが、地方ではコールマンのランタンが使われていました。

キャンプ用品を展開したのは1920年です。アメリカでオートキャンプが広がったことをきっかけに商品販売をスタートしています。その後、数々のキャンプ用品を展開してきましたが、コーポレートマークにはランタンが入っており、ランタンはコールマンの象徴的な存在です。

コールマンが商品開発で大切にしているのは、「アウトドアを通じて生まれる心のつながりを大切にして欲しい」という思いです。準備に時間がかかるキャンプにおいて、設置や撤収にかかる時間よりも絆が深まる時間を大切にして欲しい願いが込められています。

高いコストパフォーマンスに加え、アフターメンテナンスも充実している

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Fujita Takeshi藤田 武(@wafuubar)がシェアした投稿


コールマンは、「家族」「仲間」「自然」と触れ合うことで生まれる心のつながりを大切にしているブランドです。そのため、単に商品を提供するだけではなく、キャンプを楽しむイベントも行っています。キャンプ初心者でも楽しめるコールマンツアーズというイベントを中心に様々なイベントを開催しているのです。事前準備をそこまでせずに親子キャンプやBBQ、SUP体験が楽しめるなど多くのイベントを行っています。気になる方は「コールマンツアーズ」で検索してみましょう。

コラボアイテムに惹かれるユーザーも多い

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

taka(@tacyaco)がシェアした投稿


コールマンでは、カラーリングがポップなものやアパレルブランドとコラボした商品も展開しています。コラボアイテムは機能性とおしゃれさを兼ね揃えており、キャンプを問わず様々なシーンで使えるものばかりです。キャンプに馴染みがない人や女性が、アウトドアに興味を持つきっかけにもなります。2021年の正月にはマクドナルドとコラボ。トートバッグやスクエアポーチ、マグカップなどキャンプはもちろん、普段使いでもおしゃれなアイテムばかりで話題になりました。


ツーリングテントの魅力

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

youichi yamada(@fxdxthdyy)がシェアした投稿


ツーリングテントとは、バイクや自転車などでキャンプを楽しむ時に使用するテントです。キャンプ初心者にもよく選ばれており、人気があります。ここでは他のテントとの違いや特徴、選ぶ際のポイントについて紹介します。

ツーリングテントの山岳用テントの違い

山岳用テントは、山の上での使用を想定しています。そのため、風に強い構造となっています。ツーリングテントよりも高強度で軽いものが多いです。また、軽装備で気軽にキャンプを楽しみたい人にとっては高機能すぎる場合があります。テント購入時に製品名などを確認し、山岳用テントなのかツーリングテントなのかをチェックしましょう。

ツーリングテントの特徴

ツーリングテントの特徴は高強度で軽量かつコンパクトにできていることです。バイクや自転車に載せて運べる荷物の量には制限があるため、小さくて軽いものが好まれます。そのため、自動車を使って楽しむオートキャンプ用のテントとは異なり、コンパクトかつ軽量にできています。

ツーリングテントを選ぶ際のポイント

ツーリングテントを選ぶ際のポイントは、耐水圧、前室の有無、設営と撤収の簡単さです。それぞれ詳しく説明します。

耐水圧

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

鶴(@tsuru32smith)がシェアした投稿


耐水圧とは、水が染み込むのを防ぐ能力です。生地1cm四方に水を垂らした時に、何mmまで耐えられるかを示しています。数字が大きいほどみじを通しません。耐水圧が高いと雨や冷気の侵入を防いでくれるのです。ただし、耐水圧が2,000mm以上の場合、冬場などで結露が発生することもあります。使用する季節や場所を考えて選びましょう。

前室の有無

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Akinobu Ikeya(@funky_trombone)がシェアした投稿


前室とは。睡眠スペースである「インナーテント」と外側からかぶせる「フライシート」との間にある空間のことをいいます。小さい屋根のある空間ができ、そこに靴や荷物を置いたり、調理スペースとして活用でたりするので非常に便利です。また、前室が大きいと、バイクや自転車を雨から守れます。

設営と撤収の簡単さ

ツーリングテントは主にソロキャンプで利用されることが多いです。そのため、設営や撤収は一人で行わないといけません。設営・撤収方法の手間を考えて選ぶと良いでしょう。


初心者・キャンパー問わず愛されるコールマンのツーリングドーム

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

TAKU(@surfin3001)がシェアした投稿


多くのキャンパーに愛されているのがコールマンのツーリングドームです。YouTuberのヒロシさんも愛用しており、自身のYouTubeチャンネルでも紹介するほどです。コールマンのツーリングドームの特徴について解説します。

設営が簡単で、通気性も高く快適

テントの設営方式は様々です。その中でもツーリングドームはポールポケット方式を採用しています。センターポールをインナーテントの中の穴にいれるだけでポールを設置できるため、一人でも簡単に設営可能です。

テント内部にもこだわりがあります。インナーテントの天井に窓、テント背面のフライシートには通気口があり空気の入れ替えが楽です。通気性が高く湿気や結露対策が施されているため、快適に過ごせます。

前室があり広く使え、テント内の収納も充実

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

shinji(@shinji_mina_304)がシェアした投稿


前室が広く作られているため、靴などの荷物がおける他、調理も可能です。インナーテント内も横幅が120cmとなっており、大人1人と小学生くらいの子供1人であれば十分な広さとなっています。

インナーテント内部には収納ポケットがあり、ライターなどの細かい物もしまえるため便利です。テント内がごちゃつかず、きれいに使えます。

アフターメンテナンスにも対応しているので安心

アフターサービスが充実しているのもポイントです。ツーリングドームが破損してしまった場合、パーツ交換を行えます。壊れたパーツの品番を確認し、コールマンのパーツカタログから取り寄せが可能です。新品を買い直す必要がありません。

YouTuberのヒロシさんも愛用しており、自身のチャンネルでも紹介している

ツーリングドームはYouTuberのヒロシさんも使っています。2017年に公開された動画の再生数は174万回(2021年9月時点)。6~7年愛用するほどのファンで、ツーリングドームの使いやすさを裏付けていると言えるでしょう。


コールマン ツーリングドームの選び方

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

kaga・昭(@camper_sho)がシェアした投稿


コールマンのツーリングドームには種類が4つあります。大きな違いはドームのサイズとダークルームテクノロジー」と呼ばれる、日光をブロックする生地の有無です。ツーリングドーム ST+は2020年春、ツーリングドーム LX+は2020年10月に発売されています。

ダークルームテクノロジーによって、夏場の温度上昇を軽減させながら、真っ暗な室内でぐっすりと眠れます。キャンプ中の睡眠環境を一段階アップデートしたい方にはピッタリの機能です。それぞれ細かく説明していきます。

ツーリングドーム STとLXの違い

ツーリングドームSTとLXの大きな違いは、テント内の広さです。STは210cm×120cm×高さ100cmに対して、LXは210cm×180cm×110cm(高さ)となっています。STがセミダブルベッドほどの広さ、LXがキングサイズベッドほどの広さを覚えておくといいでしょう。

ツーリングキャンプを楽しむ方であればSTを、車でキャンプを楽しむ方や広い室内で快適に過ごしたい方はLXを購入するのをおすすめします。

  重さ 使用時の広さ 収納時のサイズ ポールの太さ
ST 約4kg 210cm×120cm×100cm(高さ) 23cm×54cm 直径約8.5mm
LX 約5.2kg 210cm×180cm×110cm(高さ) 24cm×60cm 直径約9.5mm

ここからは、それぞれの細かな違いをみていきましょう。

ツーリングドーム ST

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小久保英明(@burikiya_chopper)がシェアした投稿

【基本スペック】

●使用サイズ:インナーテント/約210×120×100(h)cm

●収納時:約φ19 x 49cm

●重量:4kg

●材質:フライシート/ポリエステル約1,500mm、インナーテント/ポリエステル、フロア/ポリエステル約1,500mm、フレーム/FRP

ツーリングドームの中でも最もコンパクトなテントです。幅が210cmと広いので、男性でもゆったりと過ごせます。1人、または小学生くらいの子どもと2人で使えます。

スペックについて詳しくは、Coleman公式サイトでご確認ください。

ツーリングドーム LX

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

的場良一(@matochannel)がシェアした投稿

【基本スペック】

●使用サイズ:インナーテント/約210×180×110(h)cm

●収納時:約φ21 x 49cm ●重量:約5.2kg

●材質:フライシート/ポリエステル約1,500mm、インナーテント/ポリエステル、フロア/ポリエステル約1,500mm、フレーム/FRP

STを大きくし、2~3人で使えるようにしたのがLXです。重さもSTと比べて1.2kg増えます。家族とキャンプを楽しむ時や一人でもゆったりとした空間で過ごしたい方におすすめです。

スペックについて詳しくは、Coleman公式サイトでご確認ください。

ツーリングドームST+

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

takeru igarashi(@gt3040r_takeru)がシェアした投稿

【基本スペック】

●使用サイズ:インナーテント/約210×120×100(h)cm

●収納時:約φ19×49cm

●重量:約4.3kg

●材質:フライ/75D ポリエステルタフタ(ダークルーム、UVPRO、PU防水、シームシール) インナー/68D ポリエステルタフタ フロア/75Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール) ポール/(メイン)FRP 約φ8.5mm (フロント)FRP 約φ9.5mm

ツーリングドームSTに「ダークルームテクノロジー」を搭載したのがST+です。ダークルームの生地が日光よる室内の温度上昇を抑えてくれます。また、日光をブロックしてくれるため、早朝も日の光で起こされずに起きられるのもポイントです。 キャンプ中の睡眠環境にこだわりたい方はST+を選ぶとよいでしょう。

スペックについて詳しくは、Coleman公式サイトでご確認ください。

ツーリングドーム LX+

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiro(@deep_steer)がシェアした投稿

【基本スペック】

●使用サイズ:インナーテント/約210×180×110(h)cm

●収納時:約φ21 X 49cm

●重量:約5.7kg

●材質:フライシート/ポリエステル約3,000mm、インナーテント/ポリエステル、フロア/ポリエステル約1,500mm、フレーム/FRP

ツーリングドームLXに「ダークルームテクノロジー」を搭載したのがLX+です。ダークルームテクノロジーにより、テント内の温度変化や日の光を抑えられます。特に真夏は、日の光がまぶしく、暑い早朝に起こされることがありません。キャンプ時の快適な睡眠環境作りをサポートしてくれます。

スペックについて詳しくは、Coleman公式サイトでご確認ください。

グランドシートで、さらに快適に

グランドシートは、テントと地面の間に敷くものです。テントの底面を保護でき、地面からの湿気や浸水、底冷えを防げます。テント内の居心地を高めてくれ、テントに傷がつくのを防いでくれるため、長くツーリングドームを使い続けるためにもおすすめです。 コールマンでもグランドシートを扱っています。ツーリングドームのサイズに合わせて選びましょう。


コンパクトな装備で旅を楽しむなら、コールマンのツーリングドームを

設置撤収が簡単で、コンパクトなツーリングドーム。軽装備でキャンプを楽しみたい方にはピッタリです。120年以上歴史のあるコールマンのツーリングドームを使って「家族」「仲間」「自然」との触れ合いを楽しみましょう。

Aventure編集部

RELATED STORY

関連記事

アウトドア一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ