キャンプ

ペトロマックスランタンHK500はこれ以上ない灯油ランタンの名品

Aventure編集部

世界中で最も有名な灯油ランタン、ペトロマックスHK500。デザインのみならず世界随一の確かな品質のペトロマックスのHK500は、キャンパーなら一度は憧れる名品です。
このランタンは「加圧式」と呼ばれるもので、十分なプレヒートや消火時の圧抜きが必要なため、手間がかかります。
しかし、説明書通りに使用法を守っていれば、長く使うことができ、手がかかることすらも使う上での醍醐味になります。今回は、そんなペトロマックスHK500の魅力について紐解いていきます。


ペトロマックスとは

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

がシェアした投稿


ペトロマックスは1910年に創業した100年以上続くドイツの老舗灯油ランタンブランドです。現在では薪ストーブやマグカップ、ダッチオーブンにスキレットなどの調理器具なども製作しています。


HK500はなぜそこまで人を魅了するのか

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

がシェアした投稿


ペトロマックスの灯油ランタンは、別目ケロシンランタンとも呼ばれます。ケロシンとは灯油の別名です。燃焼式のランタンといえば灯油ランタンかガソリンランタン、ガスランタンの3種類ですが、灯油の方がガソリンやガスよりコストが低いのが魅力です。

また、今や手軽なLEDランタンが主流の中でその逆を行く、“扱いにくさ”を楽しむことを目的とした愛好家もいます。

変わらないデザイン

200種類以上の部品からなるHK500。創業当時から変わらぬそのデザインは飽きのこない無骨でレトロなデザインで、その美しい姿は世界中のキャンパーを魅了し続けます。そのデザインは同時に頑丈さを併せ持ち、機能的であることを意味します。

ランタンの破損は大火事につながり、扱い方を含めて非常に危険が伴うために耐久性の高さが求められます。ペトロマックスを生み出したドイツでは、世界大戦の際にドイツ軍で使用していました。どんなに過酷な環境下でも壊れず、昨今流行しているキャンプのどのような環境においてもその頑丈さが評価されています。今も昔も、その美しいデザインと耐久性が共存しています。

LEDやガソリンランタンにはない明るさ

HK500の明るさは400W(5000ルーメン)。灯油ランタンと比較されるガソリンランタンの代名詞、コールマンのモデルノーススターは230W(約3000ルーメン)。ガソリンランタンは少し暗めなので、テントの大きさによっては不便を感じることもあります。しかし、HK500ならば煌々と照らし、メインランタンとして十分に活躍してくれます。

温かみのある光で非日常を味わえる

燃焼系ランタンの中でもとにかく明るいHK500の生み出す炎は、暖炉や焚き火のようだといわれています。無骨でメタリックなデザインと相まって、その温かみのある光が非日常の世界へと誘います。

扱いにコツがいり、点火するまでの過程を味わえる

昨今、キャンプで使うランタンといえば扱いが手軽なLEDランタンが主流ですが、今回紹介するペトロマックスのHK500はその真逆。しかも、同じ加圧式のガソリンランタンと比べ、さらに手順は多く、十分なプレヒートが必要なことや、すすが出やすいためメンテナンスを怠ると不完全燃焼を引き起こしやすいこと、消火時には圧抜きが必要なことを考えると、一筋縄ではいきません。

そのため、不便さや扱いにくさを魅力だと感じられる、点火するまでの過程も楽しみたい方にはこの上ないランタンなのです。


ペトロマックスHK500の仕様

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

がシェアした投稿

HK500のスペック詳細

【価格】¥33,000 (税込)
【サイズ】φ 17 × 40cm
【重量】2.4kg
【タンク容量】1L
【燃焼時間】約8時間
【明るさ】400W
【素材】スチール
【カラー】ニッケル・ブラス
【使用燃料】灯油・スターケロシン
引用:[スター商事|Petromax HK500

使い方

1.保護リングを外す
開封した後は、ホヤガラスの上にあるピンクの保護リングを外します。 ヘッドカバーを外すと取り外すことができます。
※保護リングはホヤグラスを保護するためにも捨てずに取っておくとよいでしょう

2.マントルをつける インナーチムニーのノズルの溝に、マントルを膨らませてからマントルが外れることのないよう、二重結びで取り付けます。余った紐は切りましょう。

3.燃料を入れる
HK500の燃料は灯油かスターケロシン。暗くて少し見にくく、タンク容量は 1Lとありますが、入れる量はタンクの7分目を超えないように注意します。燃料を入れすぎると圧力がかかりにくくなるためです。

4.ポンピング
「圧力式」とある通り、ポンピングをして圧力をかけていきます。ポンピングをする前に必ず各栓がしっかり閉まっていることを確認してからにします。圧力調整スクリューもきちんと閉まっているか確認してください。しっかり閉まってしないと、ポンピングをしても点火しないためです。 ここでいよいよポンプのロックを外して、伸ばして、押してを繰り返し、ポンピングをしていき、圧力計の針が真ん中の赤い線に行くまで繰り返します。

5.マントルのから焼きをする
マントルの余分な繊維を焼き切って純粋な発光物質にするため、から焼きをして「灰化」させることで点火できるようになり、美しい炎が生まれます。一度から焼きをしておけば、マントルが破れない限りは使い続けることができるので、毎回から焼きをする必要はありません。

6.プレヒート
HK500において、点火前の最後の工程となる大事な作業がプレヒート。灯油を気化させるためにジェネレーターを温めておきます。この工程がなければHK500は点火できません。 ここで再度圧力計の針が赤い線に行くまでポンピングし、もう一度プレヒートを十分に(90秒以上)行ってからライターで点火します。

7.消火
圧力計の隣の圧力調整スクリューを左に回すと圧力が抜けていきます。圧力が抜けると自然に消火する仕組みです。本体が冷めたら残りの燃料を抜きます。


ペトロマックスHK500のメリット・デメリット

メリット

1.他のランタンにはない明るさ
2.とにかく美しいメタリックで無骨なデザイン
3.点火までの過程を楽しめる
4.暖炉や焚き火などの美しい炎を堪能できる
5.過酷な環境下にも耐える頑丈さ

 

デメリット

1.使用できる燃料は灯油かスターケロシンのみ
2.屋外用のため、屋内では使用できない
3.使用後のメンテナンスにも手間がかかる
4.人気がありすぎて入手困難


手間がかかるからこそ愛おしいHK500で、幻想的な夜を

HK500の点火までの手順を目にすると、少し気が引けてしまうかもしれませんが、手間がかかる点火までの手順やしっかりと行わなくてはならないメンテナンスひとつとっても独特でレトロなデザインの味わいを感じながら楽しむことができます。手順とメンテナンスさえ間違えなければ長く使えるHK500。一手間ふた手間かかる独特な使用方法に魅了され、炎の幻想的な美しさに虜になるキャンパーが後を断ちません。ここは思い切って手を出して、少しずつHK500との距離を縮めていくことで、新たな楽しみが始まることでしょう。

RELATED STORY

関連記事

アウトドア一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ