資産活用

FXで安全な資産運用は可能なのか? 始め方やリスク、上手な運用方法を紹介

Aventure編集部

一般的に株式や不動産投資などと比較して、FXはハイリスク・ハイリターンな投資だと思われています。確かに高いレバレッジがかけられて先行きの見通せない政治・社会問題で乱高下する傾向があり、やり方によっては大損する可能性もあります。しかし、24時間取引が行われており、土日や元旦などを除いていつでも投資ができるというメリットもあります。世界情勢の影響を大きく受けることから、景気や政治、社会問題にも敏感になります。この記事では、FX投資に必要な知識を身に着けるのに必要な情報を解説します。


FXの概要

FXは「Foreign Exchange」のことで、「外国為替証拠金取引」を指します。もともとは「外国為替取引」の意味でしたが、”証拠金”で取引が行われるようになったため、「外国為替証拠金取引」が一般的になりました。FXは将来的に必ず決算することが約束された差金決済を採用しており、総取引額の現金の受け渡しはありません。売買の差分の受け渡しで取引します。

※投資は自己判断の範囲内で行ってください。

為替差益による利益の出し方

為替取引は非常に単純な構造をしています。安く買って高く売る「買い」と、高く売って安く買う「売り」で儲けます。1ドル100円で円を買い、1ドル110円で手にしている円を売れば10円×取引数量の儲けが出ます。

やや分かりづらいのは「売り」です。FXは将来の値下がりを見越して通貨を売ることができます。1ドル110円で円を売り、1ドル100円で売った分の円を買い戻すことができるのです。この場合も10円×取引数量の儲けが出ます。

※手数料は加味していません。

スワップポイントによる利益の出し方

為替差益の他に金利の交換で利益を得る方法もあります。国によって金利は異なります。通貨取引においては、その金利差を調整する必要があり、金利差調整額をスワップポイントと呼びます。金利の高い通貨を買い、低金利の通貨を売るとスワップポイントの受け取りが発生します。

ただし、通貨の金利差が縮小するとスワップポイントの額は少なくなり、金利差が逆転するとスワップポイントの受け取りと支払いの関係が逆転します。すなわち、損をします。
スワップポイントは各証券会社のFX口座が公開しています。

楽天証券「スプレッドとスワップポイント」
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/charm/commission.html

レバレッジとは?

1ドル100円のときに、1万ドルの取引をしたとします。通常、1万ドル×100円=1億円の資金がなければ取引できません。100円の株式を1万株購入するためには1億円が必要なのと同じです。しかし、FXは差金決済を採用していますので、取引額の数%の証拠金を預け入れることで1万ドル分の取引を行うことができます。

日本においては、自由に動かせる資金の25倍の取引ができます。4万円の資金で100万円の取引ができるのです。海外の口座では888倍の取引ができると言われています。4万円の資金で3,500万円以上の取引ができるのです。「FXはギャンブル性が高い」と言われる理由はここにあります。

〇〇倍の取引ができることをレバレッジと呼びます。

【レバレッジの計算方法】
レバレッジ=(為替レート×取引数量)÷証拠金

10万円で、1ドル100円、1万ドルの取引を行えばレバレッジは10倍です。FXはレバレッジの考え方が重要になります。レバレッジの設定方法がわからないという声を聞きますが、レバレッジは設定するものではなく、上の計算式のように為替レート、取引数量、証拠金の関係から導き出されるものです。

FXが24時間取引できる理由

FXは取引所が存在するわけではありません。「買いたい人」と「売りたい人」が取引をする「相対取引」によって行われています。それが24時間取引されている理由です。ただし、基本的に土日は休みなので、ニューヨークの取引が終わる金曜日の夕方(日本時間の土曜日の早朝まで)まで取引されています。


賢いFXの活用方法(為替リスクの軽減)

「FXのプロが実践するマル秘テクニック!」といった情報が巷間に溢れています。投資銀行や商社で働く投資のプロフェッショナルですら、為替の動きを見通すことは難しいと言われています。こうした情報商材には注意してください。FXは予測に困難がつきまとう為替の世界で、高いレバレッジをかけて取引をするハイリスクハイリターンの投資です。

ただし、上手く活用することでギャンブルではなく資産運用と呼べる範囲で運用することができます。その1つの考え方が為替リスクの低減です。

手持ちの資産の中に米国株、もしくは米国株が中心で為替ヘッジのない投資信託を持っていたとします。株価が上昇したとしても、円高になれば為替差損が生じてしまいます。つまり、株高によって生じたキャピタルゲインが、円高の影響によって少なくなる、あるいはマイナスになることもあるのです。FXは「売り」ができますので、ドルが高いとき(円安のとき)に「売り」を入れておき、米ドルが安いとき(円高のとき)に米ドルを買い戻します。そうすることにより、利食い要因となった為替差損を相殺することができ、キャピタルゲインをそのまま得られる(キャピタルゲインから引かれる為替差損に、FXによる為替差益が生じる)可能性があるのです。


FXのリスクとは

高レバレッジ

FXはレバレッジをかけて大きな利益を得ようとする心理が働きがちです。それにより、「次は取り返してみせる」と考えてしまい、高いレバレッジをかけて大損するケースが散見されます。レバレッジは投資効率を上げることができますが、その分リスクが高いのも事実です。投資は損失を最小限に抑えることが重要です。

為替変動

株式は業績、債券は金利など、価格を決定する要因がある程度ありますが、為替は材料に乏しいのが現実です。通貨の売買価格を動かす要因は、需要と供給のバランスと言われています。

つまり、買いたい人が多ければ上がり、売りたい人が多ければ下がるのです。世界中の人が参加する為替取引において、この需給予測をするのは至難の業です。しかも、政治家の発言や国家間の緊張関係によって、通貨が暴騰・暴落することもあります。為替は非常に難しいものだと考えておきましょう。

流動性

FXでは流動性を通貨を交換しやすいか、しづらいかという意味で使います。米ドル、円、ユーロなどの主要通貨は参加者が多く、流動性は高い傾向があります。一方、南アフリカのランドやトルコリラは流動性が低く、取引相手を見つけるのが難しいと考えてください。


大損する人が続出した「スイスフランショック」とは?

2015年1月に数々のFXトレーダーが凄まじい損失を出した出来事がありました。「スイスフランショック」です。為替取引においては不測の事態があるという例として紹介します。

スイスはフランの高騰を防ぐため、中央銀行であるスイス国立銀行が1ユーロ1.2フランとする上限を設定しました。これは2008年からユーロが下落し始めたためです。フランの上限を設定したのが2011年9月。2007年は1ユーロ1.66フランのフラン安でしたが、2012年には上限設定した1.2フラン前後で横ばいとなりました。スイス国立銀行は対フランのユーロ高を食い止めるため、非フラン通貨建ての資産を購入していたことになります。

国をあげてフラン高を阻止していたのは、スイスが輸出依存型の経済体質だったためです。通常、輸出は自国通貨が安い方が有利です。1万ドルの日本車をアメリカで売った場合を考えます。1ドル100円(円安)だと100万円ですが、1ドル80円(円高)だと80万円になります。輸出業者を守って政権を維持するため、スイス政府は体を張りました。

しかもフランは有事の資金逃避先と見られており、世界金融危機で激震が起こったユーロの逃避先として資金が集中していました。

スイス国立銀行は外貨建ての資産を大量に買い取っており、フラン建てで見ると大量の含み損を計上することになります。2008年以降、アメリカ、ヨーロッパの各国で金融緩和が実施されるようになりました。大量の通貨が市場に出回ることになります。需給バランスを考えると、流通量が多いドルやユーロは価値が下がります。スイス国立銀行が保有する外貨建て資産の価値が下がるということです。

これに耐え切れず、2015年1月に上限を撤廃したのです。フランは対ユーロで0.86まで高騰しました。対円で見ると、1フラン114円だったものが一時157円80銭をつけました。数分もしないうちに40%近く上昇したのです。通常、損失額を大きくしないために「ロスカット」という強制的に決済する仕組みが用意されています。例えば証拠金100万円の投資家が80万円の損失を出した時点で決済し、それ以上の損失を出さないようにするのです。多くの場合、それが働きませんでした。

理由はフランの売り注文が、このニュースを聞いていなくなってしまったためです。売り手がいなくなればフランは上昇せざるを得ません。売り手がいなければロスカットも発動しないのです。多くの投資家は中央銀行がフランの高騰を抑え込むものと考えていました。フランに対して円は下がるものとの見方が突如として正反対に動いたのです。


FXの始め方

FXは株式投資を始めるのとよく似ています。口座の申し込みをして本人確認などを行った後、口座を開いて取引を開始します。ログインした後はインターネットバンキングで入金するか、銀行振込で入金します。入金後、取引を始めることができます。


投資手法を解説

FXの基本的な投資手法を紹介します。

スキャルピング

数秒、数分の短い時間で売買を何度も繰り返す方法です。利益も損失も小さいですが、取引回数が多くなるのでその分手数料がかかります。

デイトレード

当日中に注文と決算を終わらせる取引です。デイトレードの場合はトレンドを予測して指値やストップ注文を入れておきます。注意したいのは、決済しなかったポジションは必ず取引終了前に決済しておくことです。取引は24時間行われているため、就寝中に大きく動くことがあるためです。

スイングトレード

ポジションをとったら、数日から数週間保有し、値幅の大きい取引を狙う手法です。月足、週足などの期間の長いトレンドを分析し、投資します。

長期投資

数カ月、数年単位でポジションをとる手法です。短期売買に比べて手数料が低く、頻繁に値動きをチェックする必要がありません。


やり方次第で資産形成に役立つFX

FXを資産運用の一手段として組み入れることは可能です。特に外国株を保有している人にはおすすめの投資手法です。過度なレバレッジを控え、ポートフォリオを強固なものにするという姿勢や考え方が重要です。

RELATED STORY

関連記事

お金一覧に戻る
Pick up

TAG

タグから探す

#アウター#ダイエット#ボクシング#ランニング13002人用テントACOUSTASONICairjordanAjaAttitudeBBBORETTICDプレイヤーD-28DD ハンモックDDハンモックDefinitely MaybediorDisraeli GearsDJDookieDTME&SES-335ETFFOMCFRBFXGibsonGreen DayIn The Court Of The Crimson KingIPOJohn ColtranejordanM&Ama-1MMTNevermindNFTNirvanaNOVABLAST 2OvationSACDSHURESOTOSPACTechnicsThe BeatlesTHE NORTH FACEThe Velvet Underground and NicoTravelling Without MovingtravisscottYETIZEMAITISおすすめヘッドホンのみふるさと納税アウトドアチェアアウトドアベッドアウトドアワゴンアウトドア発電機アクティビストファンドアクティビティアクティブファンドアクトアコースティックアコースティックギターアシックスアスガルドアディダスアトラスアナリスアナログレコードアビィ・ロードアルパカストーブアルフェイムアレンエドモンズアース・ウィンド&ファイアーイエティイスカイワタニインタビューインデックスファンドインド株インナーマッスルインフレウトガルドウナエアジョーダンエアジョーダン1エアドライトエレアコエレキギターエレキベースオアシスオピネルオーディオオールデンオーロラライトカインド・オブ・ブルーカセットコンロカトラリーカヌーカーミットチェアガンダムキックボクシングキッチンスタンドキャップキャニオニングキャンプキャンプ場キング・クリムゾンギターギブソンクッカークリームクルーザークロス取引クーラーボックスクール・ストラッティングラミチグランピンググリルグレンスフォシュブルークスグロース株ケイブコインランドリー投資コットコツコーデコーヒーコールマンサイタリスサブスクリプションサーフィンザ・クラッシュザ・ノースフェイスシェルターシュラフジカロテーブルジムジャコ・パストリアスの肖像ジャズマスタージャミロクワイジャージジーパンスウェットスウェーデントーチスエットスキットルスタイカスタートアップスティーリー・ダンストックオプションストラトキャスターストーブスニーカースノーピークスパルタンレーススピーカースピーカーケーブルゼマイティスソウロソトソニー・クラークソロタラタープターンテーブルダウンジャケットダックノットダンベルツーリングドームテレキャスターテントテーパリングテーマ株デニムデニムパンツトップストラウトトラウト釣りトランギアトレーニングドナルド・フェイゲンナイキナイト・フライナイフナロナロ2ナンガニアックニューバランスネットワークオーディオプレイヤーネルシャツノイズキャンセリングノルディスクノルディックノースフェイスハイエンドハイエンドモデルハスクバーナハットハルタホースハンティングヘキサハンドアックスハンモックバイクバリュー株バルクアップバーディバーナーパタゴニアパルクールパワーアンプパワードスピーカーパーカーヒップフラスコヒルバーグビクトリノックスピンク・フロイドファイアグリルファイヤーバードファッションフィールドバリスタミルフェザースティックフェデカフェンダーフォアウィンズ フォールディングキャンプストーブフライフィッシングフルマラソンブッシュクラフトブラッド・シュガー・セックス・マジックブルー・トレインプリアンププリメインアンププーマヘイムプラネットヘッドホンヘッドホンアンプヘレベンチャー投資ペトロマックスホットサンドボトムスボルダリングボレッティポータブルアンプマイルス・デイヴィスマウンテンパーカーマッキントッシュマッチョマホービンマラソンマランツマルチツールマルチツールナイフマーティンメタバースメディコムトイメニューメロン肩メンズモニタースピーカーモーラナイフヤマハユニフレームラブレスランタンランニングシューズリトグラフリートリーバイスリーボック✖︎KANGHYUK「Premier Road Modern "Car Part "」レコードプレーヤーレザーマンレスポールレッド・ホット・チリ・ペッパーズロンドン・コーリングロータリーミキサーローディワイヤレスモデルワゴンヴァナヘイムヴィムルヴェルヴェット・アンダーグラウンド上場投資信託不動産投資中央銀行中小企業仮想通貨会社経営住宅ローン住宅ローン控除佐々木陽佐治武士保険信用取引個人向け国債債券公益資本主義円安再生可能エネルギー冬キャンプ初心者別荘包丁原子心母和ナイフ商品先物取引国債太陽光発電太陽神寝袋山林希少植物投資投資信託折り畳み自転車損出し料理新しい資本主義新興国市場新規上場方法日本銀行未上場企業株価株式株式投資毎日為替取引焚き火焚き火台焚火無人島燕三条燻煙燻製現代アート現代美術確定申告社債筋トレ筋力トレーニング筋肥大節税納税経済練習練習方法背筋腕立て腹筋自転車自重自重だけ自重トレーニング芦ノ湖薪ストーブ象印資産活用資産管理会社資産運用転換社債農作物投資追い込み方逆立ち逆立ち腕立て金融緩和釣り鍛える鍛え方陶芸音楽音響頻度駅伝

CATEGORY

カテゴリーから探す

LINE@

LINE@

最新情報をチェックしよう

ONLINE SELECTSHOP

仕事もオフもとことん楽しむ!
ニューリーダーのための
オンラインセレクトショップ